はたらく役者さん第五回目:林揚羽さん【長谷川まる】

こんにちは、セツコの豪遊の長谷川まるです。

仕事とお芝居、そのどちらでも輝く人を追うはたらく役者さん、第5回目!!

今回お話を伺うのは林揚羽(@numbbump)さんです!林さんは現在メーカーの海外営業の仕事されており、「四つ打ち演劇」を掲げ活動されているしあわせ学級崩壊では劇団員として制作と宣伝美術の仕事もこなされています。

新卒1年目で名古屋での勤務が決まり、慣れない生活の中でも自らの演劇活動の地盤をしっかり築かれ、東京での活動も両立されていた林さん。そのお芝居との向き合い方のお話は、環境が変わり演劇との関わり方に悩む全ての方にとって大変学びのあるものだと思います!!又、制作や宣伝美術もこなされてきた林さんだからこそ分かるお芝居のお話や、演劇とご自身のお仕事との共通点のお話も必見です!!

それではどうぞ!

社会人役者プロフィール

 

名前 林揚羽(ハヤシアゲハ)
役者以外の職業 メーカーの海外営業
雇用形態 正社員
残業時間 月30-40時間
勤続年数 2年2ヶ月(新卒入社1社目)
役者活動について会社には 理解ある人には言っている
主な出演作 2016 年度
しあわせ学級崩壊『CR ともだちこれくしょん』@ 駒場小空間 (8 月)
劇団コギト『めぐりめぐりゆく、(残響)』 @ 一橋大学アトリエ (2 月)

2017 年度
FAAN『まっくろなまっしろなまっさら』 @Thatre aoi/名古屋(9 月)

2018 年度
空宙空地『雨とゾンビとワンダーウーマン』@ナンジャーレ/名古屋(4 月)
廃墟文藝部『ミナソコ』@愛知県芸術劇場/名古屋(7 月)
オレンヂスタ『ドミノノノノノノノハラノ』 @千種文化小劇場/名古屋(10 月)
埋れ木『墨と考えて飛沫』(花まる学習会王子小劇場/東京)(12 月)
はねるつみき『レイヤー』(CLUB ROCK’N’ROLL/名古屋)(12 月)
ハトノス『始発まで』@現代座会館/東京(3 月)

2019 年度
星の女子さん『箱を出たい女』@円頓寺 Les Piliers/名古屋(4 月)

主なスタッフとして携わった作品 2017年度
しあわせ学級崩壊【宣伝美術】『バブルレイヴ電波アイドル少年サイコ瓶詰少女』(7月)
しあわせ学級崩壊【宣伝美術/制作】『非国民的演劇』(1月)
しあわせ学級崩壊【宣伝美術/制作】『メスイキちゃん』(3月)

2018年
雨の一座【宣伝美術】『エレキ鰻は泣いている?』(4月)
しあわせ学級崩壊【宣伝美術/制作】『1001100000110101000100101』(6月)
しあわせ学級崩壊【宣伝美術/制作】『ロミオとジュリエット』(10月)
しあわせ学級崩壊【宣伝美術/制作】『卒業制作』(2月)

「しあわせ学級崩壊」での演劇活動について

―まずは2 月にやられたしあわせ学級崩壊「卒業制作」とても素敵でした。作品が面白かったのはもちろんなのですが、会場案内がすごく丁寧で、初観劇だった私も100%作品の世界に没頭することが出来ました。徹底された当日案内は、どういったところで学ばれたのでしょうか?

林さん
ありがとうございます。当日運営に関しては学生時代の先輩に学ばせて頂いた部分が大きいです。又しあわせ学級崩壊の作品は刺激的な作風が多いので、団体そのものまで過激と認識されたくない、という思いがあります。作品を純粋に楽しんで頂く為にも、当日案内スタッフは大事な役割だと思うので、丁寧に臨んでいます。

―まさしくとても気持ちよく、開演前から作品の世界に没頭出来た公演でした…!!現在しあわせ学級崩壊さんでは当日案内等をはじめとした制作業務に加え宣伝美術もやられているんですよね。

林さん
そうですね、フライヤーやパンフレット、会場に貼る案内等も作成しています。宣伝美術は、社会人1年目のとき、しあわせ学級崩壊『バブルレイヴ電波アイドル少年サイコ瓶詰少女』で依頼されてから始めました。

―入団されたのは割と最近ですよね。

林さん
はい、以前から宣伝美術や制作、WEBやTwitter運営を担当していましたが入団したのは2018年1月です。主宰の僻みひなたとは、大学は違いましたが同学年で、元々僻みの個人ユニットだったしあわせ学級崩壊が2016年に劇団化したタイミングでも役者として入団のオファーをもらっていました。ですが、当時わたしは就職することが決まっていて、営業総合職として勤務地が何処になるかも分からない状況でしたので、その時はお断りしました。

―そこからまた入団に至ったきっかけは何でしたか。

林さん
入団を決めた決定的な理由は、制作業務にきちんと関わろうとしたとき、予算決めや広報など、公演始動前から団体に継続的に関わる必要のある業務が出てきたからでした。

又、私は入社してすぐ名古屋に配属になったのですが、初めて宣伝美術を担当した際、名古屋にいても東京の演劇を支えることが出来るということ、役者以外にも演劇に関わる方法がたくさんあるということを実感したのも入団した理由の一つです。宣伝美術は作風のヒアリングができれば、データのやり取りで進められるし、チラシの管理は東京にいる関係者にお願いすることが出来ます。制作も当日運営の仕事以外は、遠方からインターネット経由で出来ることが多いです。東京でしかできない活動については、同時期に入団した制作の上岡がサポートしてくれました。

―その当時、公演期間中は名古屋から通っていたということですよね?

林さん
名古屋での出演がある時期は月1、それ以外は月3回東京に通いました。 だから交通費はすごくかかりましたね(笑)

―結構な頻度で来られていたのですね…!!

林さん
しっかりと公演の宣伝をしようと考えると、写真撮影をはじめ、稽古場にいないと出来ないことが多くて…。役者さんも毎日皆さん稽古場に揃うわけではないので、結局、結構な頻度で東京には来ていました。

―交通費はもちろんですけど、体力的にも大変だったのではないかとお察しします。

林さん
特に制作を始めたばかりの時は約2週間ほとんど徹夜で作業をしたり…ということもありました(笑)でもそれは要領が掴めていなかっただけで、今はタスク管理が出来るようになったので、そういった無理はほとんどなくなりましたね。制作はしあわせ学級崩壊ではじめて担当したので、業務のルーティンを把握するまでは結構大変でした…。

―本当にご無理なさらず…!そんなご多忙な中やられていた前回公演は、時間変更の案内等もとても丁寧で、見習わなくてはいけないなと思ったことを覚えています。

林さん
前回公演は夜の回の開演時間が遅く、もともとそれに合わせた上演時間を定めて企画を始動しました。企画時点で、終演時間が遅れるとバスなどに乗り遅れ、帰りが大幅に遅くなってしまう方もいるかもしれない…といったリスクは考えていて、特に上演時間の案内を丁寧に行わなければという意識がありました。

―確かに、電車だけでなくバスのこと等を考慮すると、21 時辺りでも帰るのが大変にな人はいますよね。

林さん
それでも開演時間を遅く設定したのは、会社員の自分が観劇する時のことを考えた際に平日19 時開演だと間に合わないことが多いからでした。残業等がある人でも観劇しやすい時間帯を考えると、20時…早くて19時45分開演くらいがちょうどいいと思っています。

―確かに 19 時半開演とかでも、日によってはギリギリ間に合わないってこともありますもんね…。

林さん
そうですね、やはり落ち着いた状態で観て頂きたいということを考えると、もう少し遅い時間に開演時間を設定したいところですが…ただ「20 時開演は遅い」 とご意見も頂くので、毎度開演時間の調整は難しいです。

お仕事について

―今回は役者としてもご参加されるということは、役者と制作、宣伝美術のお仕事を両立するということですよね。さらに忙しくなるのではないですか…?

林さん
制作と役者は忙しい時期が異なります。制作や宣伝美術は公演の企画段階が忙しいのですが、その時期は稽古開始前に終わるので両立出来そうです。後、もう一人の制作の上岡は社会人1年目なので、同じような立場としてサポートしてもらっています。会社員という立場に理解のある人がいるのは支えになりますね。

―似た環境の方が身近にもう一人いらっしゃるのは良いですね。平日稽古等もあるかと思 いますが、両立はどのようにしていますか。

林さん
今回に関していうと、稽古がある日は早く仕事を上がることが出来ています。ただその分、稽古のない日に残業をしなくてはいけないので、稽古外での自主練の時間を取ることが難くて…。今は通勤時間や、海外出張の飛行機、お風呂、就寝前など、脚本に向き合う時間を積極的に探しています。

―お芝居をやっていることに関して会社には言っていますか?

林さん
積極的に言うことはないですが、「何かやっているの?」と聞かれたときには正直に言っています。プライベートについて言いやすいかどうかは部署によると思います。特に今の部署にいる方はすごく寛容で、人が好きなもの、頑張って打ち込んでいるものに関して否定的なことをいう人はあまりいないです。

―自分の好きなものを否定されない環境はすごく有難いですよね…!現在は海外営業の部署で働かれているんですよね。部署異動に伴い、環境も大きく変わったので はないでしょうか。海外出張等もありますよね。

林さん
そうですね、今回も本番までの期間に3回あります。残業も月に30-40 時間はあるので、そういった部分を考えると楽とは言えないのですが、色々な場所で仕事が出来るのは楽しいです。

―海外へ行くことが多いということは、英語もお上手なのではないでしょうか。

林さん
英語は大変苦戦しています…(笑) だからこそ、相手の言っていることを理解できないとき、正直に「分からない」と伝えることは心がけています。後はその場でのコミュニケーションを諦めるのではなく、何とか伝えようという気持ちで動くようにしているのですが、それは演劇を通して得たマインドかもしれないです。

―なるほど、伝えるのが難しいことについて、考えることを放棄しない、分からないことをそのままにしないというのは演劇にも相通じるところはあるかもしれません。反対に会社員としての仕事が演劇に生きている部分はありますか。

林さん
当日運営でのお客さんとのコミュニケーションは、営業経験が活かされています。又、メーカー営業は商品の原価管理と利益を常に考える仕事であるため、制作の仕事と共通する部分が非常に多いです。演劇の公演を作る過程はメーカーの活動と似ています。商品の設計、予算決め、必要な材料集め、市場価値と照らし合わせた値段決め…この流れは演劇でも同じで、今の仕事の経験は制作業務に昇華されていると思います。

―特に制作さんは一つの公演の運営全体を担うお仕事だから共通する部分がたくさんあるのだと思います。

林さん
今の会社への就職を決めたのも、モノづくりの工程が演劇に似ていたからという部分もあって。就活当時は演劇を続けるつもりはなかったので、卒業後も物を作るところに関わりたいという思いは特に強くありました。

学生時代の活動ついて

―演劇は学生時代からやられていたんですよね。

林さん
中学生の頃からやっていました。少し休んでいた時期もありましたが、高校でも演劇部に入り、今に至ります。ただ運動も好きだったので、大学入学のタイミングで辞めるつもりでいました。

―そこからまた演劇のサークルに所属することになったきっかけって何だったんですか。

林さん
うちの大学のサークルは役者もスタッフも両方経験することが出来る体制で、元々色々なことをやってみたいと考えていた自分の性に合っていたからです。高校時代の演劇部は音響照明も結構な制約の中やっていたし、スタッフの仕事が充実しているのが魅力的でした。

―では、元々、役者以外のセクションでも演劇に関わりたいという思いはずっとあったので すね。

林さん
基本的には役者志望でしたが、充実したスタッフについての話を聞いて「演劇は総合芸術」という言葉の意味を実感し、役者以外にも演劇の関わり方があるということを知りました。今、役者以外にも色々な役職をやりながら演劇を続けているのも、そこが大きいです。

―それが演劇を続けていく活力になっていますか?

林さん
誰もが皆、何らかの形で演劇の力になれるということは大きなモチベーションになっています。気持ちさえあれば、何かしら関わる方法はあるし、もしやり方が分からなかったら聞けば絶対に教えてくれる人がいるので…。

―「気持ちさえあれば必ず何かしらの形でお芝居に関わることが出来る」環境が変わってお芝居に携わることが難しくなってしまった他の人達にとっても希望ある言葉だと思います。ただ就活当初、林さんは卒業後演劇を続けていくつもりはなかったとのことでした。

林さん
そうですね、就職活動していた時の卒業後のイメージは仕事していつか結婚もして…というもので、演劇を続ける想定はしておらず、その為演劇をやることを配慮して転勤のない職業を選ぶこともしませんでした。

―そんな中、またお芝居をやるに至った理由は何だったのでしょうか?

林さん
自分の卒業公演がきっかけです。ありがたいことにたくさんのお客さんから「続けてほしい」とお言葉を頂きまして。私自身もこの先もっと演劇を作っていきたいし、お客さんと一緒にいたいと思いました。

―学生演劇の形態は様々ですけど、林さんのいた団体はどれくらいの方が卒業後も続けていましたか?

林さん
基本的に続けていないです。皆さん演劇を諦めたというより、演劇をしなくても充実した生活を送られているように思います。演劇は生活の負荷が大きいですし、演劇以外に楽しいことはたくさんあるので…ただ未だに小劇場のお芝居を観ていると、「先輩方のお芝居も負けないくらい面白いし、光っていた」と思うことがあって。人生の選択の話ではありますが、また皆さんが演劇をやりたいと思い立つことがあれば、その時はぜひご一緒したいです。

名古屋での活動

―就職をしてから演劇を再開されたのは、結構早い段階だったのでしょうか。

林さん
初めの 2 ヶ月は研修期間で工場にいて、名古屋勤務が決まったのが6月、舞台を再開したのは9月でした。

―それは大分早いですね…!!全く知らない土地だったとのことでしたが、名古屋での活動はどのように始められたのでしょうか。

林さん
まず名古屋の団体を端から調べて関わりたいと思った団体にご連絡をしました。連絡の際は、自分の過去の経歴や出演映像データも送ったり、オーディションも受けたりしました。そこで一番初めにご丁寧なご返信を下さったところが、名古屋で初めて出演したFAANというユニットです。

―完全に自力で見つけたということですね…!最初に出たのはどういった作品だったのでしょうか。

林さん
デザイナーが集まった創作ユニットで10分間の短編作品でした。この10分という上演時間がとても良かったです。平日仕事終わりに集合して22時解散とかでも、何十回と通せるんですよ。短い分、根本的な方針変更もすぐに作品に反映が出来て、稽古期間は短かったものの不安のない状態で作品を作り上げることが出来ました。今思うと、就職して初めに出演したのがこの作品だったから、演劇を続けていくことへの自信を持つことが出来たのだと思います。

―再開の作品は、その後の会社員役者人生を左右する大切なものなのだと改めて感じます。そこから社会人として演劇をやられるようになったということですよね。

林さん
そうですね、その次の出演は翌年4月だったのですが、その間の期間も名古屋で演出助手をしたり、しあわせ学級崩壊の制作として活動をしています。

―それからずっと継続的に演劇に携われているということですよね。4 月に出られたのは同じ団体さんですか?

林さん
それは別の団体でしたが、短編作品です。稽古期間も一週間と短かったのですが、その分毎日定時帰りで稽古に参加出来、やり遂げられました。そういった出演実績がどんどん自分の自信になり、その後廃墟文藝部『ミナソコ』という作品では、愛知県芸術劇場にも立たせて頂きました。最終的に名古屋では6つの作品に出演しました。

―本当にしっかりと名古屋での演劇活動の土壌を作られたのですね。環境がガラッと変わり、お仕事にも慣れない中で演劇を続けるのは色々な面で大変だったのではないかと思います。そんな中、継続的出来た理由は何だと思いますか。

林さん
何よりも場所と環境によるものは大きかったと思います。名古屋は会社員と演劇を両立している方が多く私のような平日昼勤務の人間も、嫌な顔せず受け入れて下さいました。又都心が狭くてどこの稽古場も行きやすかったので、仕事との両立がしやすかったです。今でも社会人になっての最初の勤務地が名古屋で良かったと心から思っています。

―もちろん、林さんの努力により継続出来た部分がすごく大きいと思うのですが、環境は大きな要因かもしれませんね。とはいえ知らない街で演劇をやるのはすごく大変だと思うのですが、続ける為にしていたことはありましたか。

林さん
続ける為にしていたこととは少し違うもしれませんが…先ほど言っていた通り、就職していった学生時代の先輩方と、またお芝居をやりたいという思いがずっとあって。私が名古屋で働きながら演劇を続けている姿を見たらまた「演劇をやろう」と思うきっかけになるかもしれないという思いで活動をしていましたね。

―その思いはずっと原動力になっていたのですね…!!

林さん
もちろん演劇をやらなくても皆さん幸せに過ごされているので、無理なお願いはできません。ただ、私はまた一緒に出来たらなぁと思っているので… だから先輩方が「また演劇やろうかな」と思い立ったときに思い出してもらえる存在になりたいです。

―身近に林さんのような全力を尽くし活躍されている役者さんがいるかどうかは、その後お芝居を再開するかどうか迷ったときの大きな判断材料になると思います。

林さん
でも、全ては受け入れてくれる人がいたからこそ成立したことだと思います。それでいうと、私は2019年の4月から部署異動で東京に戻ってきているのですが、4月下旬に星の女子さん『箱を出たい女』の名古屋での出演が決まっていて…これは特に座組の方々のご理解がなければ立てなかった舞台でした。小屋入りが本番当日になることや、当初想像していたよりも稽古の参加日程が限られてしまうという状況を演出の渡山さんが受け入れて下さり、座組全体でも対応して下さったからこそ、舞台に立つことが出来ました。

―自分が舞台に出れることも当たり前ではないのだということは、演劇を続ければ続けるほど強く感じるところですよね。でも改めてお話を伺っていると、座組の方々のご理解の素晴らしさはもちろんですが、そのご理解に答えて最後までやり遂げた林さんの努力も素晴らしいなぁと感じます。

これからの活動について

―これは色々な方に伺っているのですが、将来的に仕事を辞めて演劇だけでやっていきたいといった思いはありますか。

林さん
今のところありません。演劇は自分の人生を豊かにしてくれる大切なものですが、それは仕事も同じなので、どちらか一つしかない生活は私にとって窮屈なものだと思います。もちろん演劇に専念している方々の覚悟や実力も、社会人になって仕事で活躍している皆さんのことも強く尊敬しているのですが、私は自分のやり方で活動をしていきたいです。

―それぞれの道や生き方があって、それに優劣はないですもんね。だからこそ自分の望む形で演劇に関わるということは大切なのだと思います。

林さん
そうですね。だからこそ演劇が気軽に選択できるものになってほしいと願っています。今ははっきりと「やめる/やめない」の選択をしなくてはいけない風潮があると思うのですが、「今はやっていない期間だけど、またいつか始める」といったような感じで、もっと気軽に考えられるものになったらいいなと思います。

―部署異動、東京勤務と環境がガラッと変わりましたが、これから先の演劇活動に関して何か目標等はありますか。

林さん
まずは所属劇団での公演「ハムレット」 が成功するように役者としても制作としても誠心誠意臨んでいきたいです。しあわせ学級崩壊の作品に出るのは大学 4 年生の時以来、3 年ぶりになるので緊張しますが、一番好きな団体だしだからこそ所属もしているので全力を尽くしたいです。あとは…頻度は少なくなるかもしれませんが、継続的に好きな作品には出演していきたいですね。

―次回公演も楽しみです!今回の作品に関しまして、学生時代出演されたときに比べ何か変わったと感じる部分はありますか。もちろん演目や出演者の方は当時とは違うとは思うのですが、そのほかに何か変わったと感じる部分はありますか。

林さん
劇団員だけで公演を作っているところは当時と違う点です。それ以外に関しては作風は少し変化していますが、初期から音楽は重視されていたし、根本的な部分は立ち上げ当初から一貫して変わらないと思います。

―ずっと音楽を主体とした作品作りをされているしあわせ学級崩壊さん、今度の作品が劇場公演ではないのも、そういった作品作りが関係しているのでしょうか。

林さん
そうですね、より音楽に重きを置いてお客さんに観劇して頂きたいという思いがあり、次回公演は音楽スタジオやクラブで公演を行います。古典作品をやるのも、既知の物語を扱うことで音楽に専念しやすくなるといったところが大きいです。

―次回公演は結構長い期間、日程をいくつかに区切ってやられますよね?

林さん
一週間連続して行われるような劇場公演で残念なのが口コミが広まってから公演が終わるまでが早いことです。それでは勿体ないので、今回はこういった形になりました。

―確かに口コミを見て絶対に行きたいと思った舞台も、存在を知った時点では行けないことって結構ありますね…そう考えると大変有難い日程です。最後に、林さんがしあわせ学級崩壊さんの劇団員として目指すのはどのようなところですか。

林さん
制作としては、劇団員それぞれが生活への負担なく演劇を続けられる団体にしたいと考えています。劇団全体の目標は常に「主宰の僻みひなたにとって理想の作品を目指す」というところにあるので、共に目指していけたらと。そのためにもまずは、次に迫った劇団員によるスタジオ公演をしっかり作っていきたいと思います。

―劇団内にも様々な形で演劇に関わっている方がいらっしゃるのだと思います。きっとその数だけ演劇への関わり方の正解もあられると思いますが、それぞれのベストな形を目指しながら劇団としても一つの目標に向かい創られる次回公演、とても楽しみです。本日は有難うございました。

インタビューを終えて

会社員としてのお仕事と演劇、そのどちらも同様に大切にし両立の為の努力も惜しまない林さん。「どんな環境においても、絶対何かしらの形で演劇に関わることが出来る」という言葉通り、馴染みのない場所での役者活動を実現され、ご自身の会社員経験も所属劇団での制作業務等に生かされ、お忙しい中でも自主練の時間を見つけながら活動をしているそのお話には、強く勇気づけられました。

働く役者の皆さん、自らの選択で演劇を辞めた人、様々な要因で現在演劇に関わることが難しい人、専業役者として活動している人…そこに気持ちがあればどの選択をしている人も素晴らしいということは、私自身も常日頃感じているところですが、だからこそ必要な、自分の現状を納得出来るものにする為の取り組みについて考えずにはいられないお話でした。

そんな林さんの次回出演作は「ハムレット」です!!古典作品とダンスミュージックの融合!!完売の回も出てきているそうですので、皆さん急いでチケットを買いましょう!!

林揚羽さんの次回出演作

しあわせ学級崩壊スタジオ公演『ハムレット』
■日程:2019年6月30日~7月2日@ SOUND STUDIO NOAH、7月7日~10日|13日~15日@ BASS ON TOP 、7月17日@nagomix※スタンディング上演
■場所:SOUND STUDIO NOAH(「高田馬場駅」JR山手線早稲田口、地下鉄東西線2番出口、西武新宿線早稲田口より徒歩3分)、BASS ON TOP(JR中央/総武線/地下鉄東西線「中野駅」北口から徒歩1分)nagomix (JR「渋谷駅」ハチ公口より徒歩8分)
ご予約
https://www.quartet-online.net/ticket/hype-14
「ハムレット」公演詳細ページ
http://happyhype.web.fc2.com/next.html

聞き手:長谷川まる

東京都出身。セツコの豪遊(@setsuko_no_goyu)所属。会社員も役者もやっている。