追跡取材:「シェアスタジオ」を3年間運営して分かったこと【乙戯社Ebihiyoko】

こんにちはえびひよこです。

この3年間で「シェア」というキーワードが持つ意味が随分と変わったように思います。車や住居を複数人で共有するという形は、今ではとても「一般的」になりました。

人々のお金や時間に対する考え方が変化し、他者と共有することで、それまで手の届かなかったモノを手軽に手に入れることができるようになりました。ただ、演劇の世界に目を向けると「シェア」には、まだまだ色々な可能性が残されているように感じます。

特に「小劇場」のコミュニティの中で、モノやスキル、空間を共有することは、効率化はもちろん、クリエイティブな面でも可能性があるはずです。ただし、その可能性に関しては、今現在も試行錯誤の最中という印象を受けます。

そんな中、なんと3年前から稽古場を共有する「シェアスタジオ」の運営を、スタートしていたのが俳優の日下諭さんです。

【3年間シェアスタジオを続けれられた秘訣を探る】

”しばいのまち”では、3年前のオープン直前に、日下さんへインタビュー を行っています。

今回はその「追跡取材」として、乙戯社主宰の”とも”さんと日下さんの「対談」という形式をとり、3年間シェアスタジオを運営した日下さんへの取材を行いました。

実際に「シェアスタジオ」を運営してどうだったのか?
この3年間で、どんな出来事があったのか?
小劇場における「シェア」の可能性とは?

実際にスタジオ運営を行い、その効力と苦労について、身をもって体験している日下さんの言葉は、とても貴重な内容でした。

お2人の「対談」の中から、周りを巻き込み、多くの協力者を得ながらスタジオ運営を3年間続けてきた実績と、その秘訣を探っていきます。

【対談者紹介】

・日下 諭
1985年生まれ。俳優。 文学座附属演劇研究所47期。新国立劇場演劇研修所5期を経て現在はK’S倶楽部所属。高円寺K’sスタジオ代表。
note→ note.mu/satoshikusaka

※ 高円寺K’sスタジオ
会員制のプライベートスタジオ。
俳優、演出家、制作者、技術者、講師、演劇に関わる全ての人をターゲットとして、稽古場の提供、ワークショップの拠点、小規模な発表会、さらには交流会や忘年会などの飲み会を含むミーティング場所の提供を行います。コンセプトは「演劇人の出逢いと集い」。

・いちかわとも
「乙戯社」主宰。 8月31日生まれ。おとめ座。日本大学芸術学部卒業。学生時代から脚本、執筆活動を継続し、2019年2月9日(土)には第三回新宿演劇祭において、リーディング・ミュージカル「あらしのよるに」の上演を予定。
WEBサイト→http://fortunatebirds.wixsite.com/otogisya

【中嶋しゅうさんとの出会いが新館設立のきっかけ】

とも
まずは、設立から3年間を振り返っていかがでしょうか?
日下さん
3年間…よくもったな、と(笑)。本当に沢山の人に使っていただいて、利用者の皆様には心から感謝しています。

正直”儲かっているか儲かっていないか”で言えば、儲かっていないんですけど何とか破産もせず続けてこられたのは、皆さんに使っていただいたおかげだな、としみじみ思っています。

とも
高円寺K´Sスタジオは本当に色々な属性の人がシェアしてますよね。私も遊びに行くたびに色々な人との出会いがあって、不思議な空間だなって思っています。
日下さん
僕は演劇人ですから、きっかけは「演劇のために」と思って作ったスタジオです。ただ、公序良俗に反しないことであれば、どんなことでも挑戦してやれる空間にしたいなと思っているので希望通りになっていますね。

演劇以外にも、自主製作映画の上映企画や、最近は写真の撮影会まで行われていて、本当に色んなことに使っていただいています。それが、とても嬉しいです。

とも
この3年間で起こった変化など伺ってもいいでしょうか?
日下さん
スタジオを作ってからの変化でいえば……一番は「自分に会いに来てくれる人ができた」という事でしょうか。それも、本当に色んな人が。それ以前は、「誰かか会いたいな」って思ったら、やっぱり自分から出向いて会いに行かないといけない。まぁ、当たり前なんですけどね。

それが、スタジオを運営することで、その空間を介して、「僕に興味を持ってくれた人」が向こうから会いにスタジオへ来てくれた、というのは考えもしなかった変化で、とても驚いてます。

とも
またさきほど『公序良俗に反しないことであれば、どんなことでも挑戦してやれる空間』とおっしゃっていましたが、言葉通りいままで色々なことが企画されてきていますよね。高円寺K´Sスタジオは境界を超える、フレキシブルなスタジオだと思っていて、そこが本当に好きです。
あっ、特に印象的だった出会いなどはありますか?
日下さん
もうこの3年間は、印象的な出会いだらけでしたね。そもそも、元々ここ一つしかなかったスタジオを、「新館」という形で2つ目のスタジオを作った理由がありまして、それもある出会いがきっかけでした。

一昨年亡くなった 中島しゅうさんが、ある日突然このスタジオを訪ねてこられたんです。それで、中嶋さんが僕の前で帽子を脱いで「低予算でも上質な現代演劇を作りたいと思っているんだ。協力してくれ。」って頭を下げられて。お願いをされたんですね。断れないじゃないですか?あの、中嶋しゅうさんですよ?僕にとっては、雲の上のような人じゃないですか。

とも
中嶋しゅうさんさんが、ある日突然訪ねてきたなんて。きっと、すごく衝撃的だったでしょうね。その時の日下さんの表情を見てみたかったです。
日下さん
その出会いがあるまでは、一戸だけをプライベートスタジオとして自分と仲間だけで使っていたから。例えば「3~4週間、芝居の稽古で使いたい」っていう依頼は全てお断りしてきました。「そういう風に作ったわけじゃないから」と。でも、中嶋しゅうさんがきて頭下げられたら断れないな、と思って。だから貸すことにしました。で、そのために、もう一戸新しいスタジオを作りました、っていうのが複数のスタジオがある理由なんです。
とも
では、スタジオを始めたころは、新館を作るとは考えていなかったけど、中嶋しゅうさんとのご縁の中で「これは俺がやるしかない」って思った、と。
日下さん
そうです。本当に凄いことだと思います!!

あと、「人との出会い」という事だと、このスタジオで開催される企画って、僕自身でやっている企画は実は少しで、あとは、何らかの形でスタジオに来てくれた人が、ここ良いなって思ってくれて。スタジオを使って「ここでこんなことしたい」「あんなことしたい」っていうアイデアをくれて。僕はそれに対して、割と軽い感じで「いいんじゃないですか!」って言っているので(笑)

利用者の人との雑談の中で企画が増えていって、実際に色んなことするスタジオになっていったんですよ。ただ、もっと、もっと色んなことやって良いと思ってますけどね、僕は。

【スタジオ公演をしたら常設劇場が欲しくなった】

とも
3年前の取材のとき、このスタジオでプロデュース公演をやりたいと仰っていて、それは実現されましたよね。私もスタジオでの公演を観劇させて頂きました。それらの公演の感触はいかがでしたか?
日下さん
スタジオで公演をすると、やっぱり常設の小劇場が欲しいなって、思うようになりました。このスタジオを劇場形式にするには、椅子を何十台も出しては客席をつくり、仕込みとかバラシをしないといけないじゃないですか。当たり前ですけど、客席を組んでいる間は公演以外の用途では使えない状態になるので、その間は、さっき言ったみたいな「自由な企画」ができるスタジオではなくなってしまいます。

僕は役者なので「いつでも公演ができる劇場」は絶対に欲しい、でもこれまでのような「自由な企画ができるスタジオ」もなくしたくない。そういう意味で、今後の計画として、そろそろ常設の小劇場が欲しいなって思うようになりました。

理想は、ビルが欲しいです。一階が100人弱くらいの小劇場で、2階がこんなようなスタジオ、で、3階もまたスタジオで、その上に僕がこじんまりと住むみたいな。オペラ座の怪人のように(笑)

とも
それはきっと面白い空間でしょうね。では、この3年間で、ある意味で演劇にこだわらない、境界を越えて、とても自由な発想でスタジオ運営を続けてきましたが「今後の目標」に関しては”演劇をするスペースとしての常設の空間”が欲しい、という所に戻ってきたという事ですね。その他に「これからの3年間で実現したいこと」はありますか?
日下さん
以前の記事でもお話した、「全国のシェアスタジオの人達と交流」みたいなことは、相変わらず興味がありますね。自分がやっている「シェアスタジオ」をやっている人が全国でいたら良いなって思います。

うちのスタジオで実験的な公演をやったら、次は名古屋で同じようなことをやってるシェアスタジオで同じ公演をやる。逆に名古屋のスタジオで新しい企画をやったなら、今度はうちのスタジオで……みたいな交流ができたら楽しいなって思ってます。「シェアスタジオの全国公演」みたいなネットワークは面白そうですね。

とも
いいですねぇ、それは面白い企画だと思います。ぜひやりましょうよ!!
日下さん
ただ、うちは大々的に広報しているスタジオじゃないんで、認知度とかは無いので、なかなか難しいです。しかし一方で、口コミで拡がっていくのでいいと思ってます。

口コミで、「こんなスタジオで、こんなことしてたから面白かったな。そしたら、こういうことできそうだな」っていう人が一人づつでも増えていったら、僕はそれがいいと思ってます。そんなに人がたくさん増えても収容量がそんなないので(笑)

とも
口コミで拡がるといえば、このスタジオは、多くの「支援者」に支えられているスタジオでもありますよね。2回のクラウドファンディングにも成功されていました。
日下さん
それに関しては、もう「ありがとうございます!」、としか言いようがないんです(笑)そもそも、この場所は、本当に色んな人にお世話になりっぱなしの、お世話になってばっかりのスタジオなので・・・これまでの3年間は、なんとか続けてこれたので、これからの3年間で、ちょっとずつ皆様に還元していけるような場所になっていけたら良いなって思っています。

【実体験に基づく小劇場での「シェア」の可能性】

とも
もしこれから、「シェアスタジオを運営したい!」と考えている人がいたとして、日下さんなりのアドバイスなどはありますか?
日下さん
もしお金儲けを目的としているんだったら、違うことを考えた方がいい、っていうのが僕のアドバイスかな。スタジオを経営して儲けるっているのは、なかなか大変だと思います。うちも、あくまでも前提は「プライベートスタジオ」なので、そもそもが営利目的の場所ではないっていうのがあるんですけどね。

普通に考えて、1年365日、1日24時間しかなくて、一人が1時間当たりに対して払えるお金っていうのは限られているわけじゃないですか。だから本当に「貸しスタジオ」として経営するなら頭打ちの上限は絶対に決まってる。そんなに旨味のあるビジネスではないと思ってます。ただ――。

とも
ただ――。なんでしょうか?
日下さん
最初は自分のお金でスタジオを持って、空いているときは違う人に使ってもらっていいかな…くらいの気持ちではじめるという、そういう「儲けないでもいい。でも楽しいから自分がそういう場所を持ちたい」っていう気持ちでやるんだったら、赤字にしない方法は、そんなに難しくはないかもしれないです。もし、シェアスタジオをやりたい、と思う人がいるとするなら、「どんどんやって!」ってくらいに僕は思ってます。
とも
最後に伺います。シェアスタジオを3年間運営されてきた日下さんが考える、「シェアリング」における今後の可能性についてお聞きしたいです。
日下さん
基本は、「自分だけでできること」を前提にする…大きなチャレンジっていうより、自分の手の中でできること、というメージなんですよね。ただ、自分と同じように考えてくれる人が他にいたら、手の長さは、2倍、3倍、4倍になってきて。そういう人達が集まっていくと、自分一人でできなかったことができるようになって、色んなことに手が届くようになっていく。で、いつの間にか、「あっ、これ結構大きなことで来てるな」っていう風になる。それがシェアリングエコノミーの本質という風に、僕の中では考えています。
とも
それ素敵ですね。劇団も似てるところがあるかもしれません。自分と同じように考えてくれる人がほかにいたら、手の長さが2倍、3倍になって、いつの間にか大きなことが出来るようになるというところが!!
日下さん
基本は、大きな風呂敷をやらないことですね。自分だけ、もしくは自分達で出来ることをやろうよ…そういうエコな感じ。それが僕のイメージなんですね。その認識は3年前から大きく変わっていないですが、集まってくる人の種類が増えて、色んな人が集まってきたから、シェアリングするノウハウというか、ナレッジというかは3年前とは段違いですね。
とも
ありがとうございます。次の目標である「常設小劇場」を楽しみにしています!
その際は、是非また追跡取材をさせてください!
日下さん
ありがとうございます!

【まとめ】

対談の中で日下さんが何度も仰っていた、「支えていただいた皆さんのお陰でやってこれました」という発言が印象的でした。

その言葉の通り、損得で繋がった関係でなく、顔を突き合わしての損得を超えた「生身の人間同士」による繋がりからこそ、生まれる価値を非常に大事にしている、そんなスタジオなのだと感じました。

そのスタンスは、まさにリアルタイムで行う芸術である『演劇』と、多くの部分で共通する考え方です。

シェアスタジオという空間を介して、共通する考えの人々が集まり、そこから新たな価値を創造し続けている、日下さんと高円寺K’sスタジオの今後に注目していきたいです。

【Ebihiyoko】 乙戯社サポーター/夫婦WEBライター

夫婦でライターをしている二人組。二人合わせて「Ebihiyoko」です。
両名とも1988年生まれ、東京の大学の演劇サークルで、
4年間演劇漬けの日々を送っていました。

今は、夫は目黒区のIT企業、妻は生保業界で、それぞれ忙しく生活しています。
「演劇にかかわる人を応援したい!」という熱い思いを胸に、ライター活動を行っています。

乙戯社HP