いま北区が熱い!縁もゆかりもない王子の街に私が週1で通う理由【大川美里】

初めまして。大川美里です!!

兼業役者の可能性を探るべく、会社員の傍ら、客演、ユニット立ち上げ、演出などなど色々活動しています。

早速なんですが私、最近、元々は縁もゆかりも無かった「王子」の街に頻繁に通っています

王子は東京都北区にある、本当になんにもない街…。スミマセン…(;^^)ヘ..でも、芝居の勉強を始めたい人にはこれ以上ないくらいオススメの街なんです。

というわけで、「大川美里の(勝手に)北区の演劇親善大使シリーズ」始めますw

きっかけは演劇祭

きっかけはしばいのまち編集長のご紹介で、「佐藤佐吉大演劇祭」に遊びに行ったことでした。

その時見つけたのがこのチラシ。

役者として舞台に立ってはいるものの、脚本を書いた経験は無い私。

「役者として呼ばれたら出る」だけじゃなく「もう少し自分で芝居を作るということをを頑張ってみたいな」と思っていたところに、偶然みつけた脚本ワークショップのチラシ。

金額もお手頃だし、もし途中で挫折してもあきらめつくな、なんて、軽い気持で参加してみることにしました。

参加してみたら人生初めて脚本が賭けた

講師は吉田貴秀先生。なんと、この講座は10年以上も続く人気講座で昨年からのリピーターの方もいるそうです。

座学あり、作品のネタ探しのフィルドワークあり、個人指導ありのワークショップで、なんとまぁ盛りだくさんの内容。

最終的には本当に初心者の私が脚本を1本書くことができました\(^O^)/

と、ここまでで終わったら普通の脚本ワークショップですよね?

「脚本は書いただけでは、ただの設計図。役者が演じて初めて完成します!」という講師吉田先生の言葉通りに、なんと自分たちが書いた作品を上演することになりました!

そんなわけで、まさに今、この脚本ワークショップ参加メンバーで「北とぴあ演劇祭」に参加し、マイストーリー★2018『北区まち遺産~レガシーにジェラシー』という作品を作っている最中です。

脚本書きに来たら舞台を作ることになってた

ちなみに、出演するのは自分たち…。

えっ…Σ(・□・;)

脚本を書いてみよう!ということで集まったメンバー達でしたし、「出演するなんて聞いてないよ〜!」と言いながら、大道具も、小道具も、未経験者も経験者も、みんなで知恵を絞って全て手作りで0からの舞台作りに挑戦中です!

その課程は、まるで学園祭 ♪───O(≧∇≦)O────♪

た、楽しい♡

北区は演劇初心者に手厚い街

実は、この「脚本ワークショップ」も「北とぴあ演劇祭」も、冒頭にちらりと出てきた「北区」の協力で成り立っているものです。

他にも照明のワークショップ、大衆演劇のワークショップ、舞台美術のワークショップ、演技教室などなどたくさんあるワークショップをすべて北区が、区をあげて盛り上げていたりします。

どのワークショップも「続けられるか不安だけど…」という人でもとりあえず始められるような金額で、また「北とぴあ演劇祭」という実践の場に関わることができるようになっているのがとてもありがたいです。

芝居に興味あるけど…という人がまず何かを始めてみたかったら「北区や北とぴあ演劇祭に関わってみる」これがおススメです!

こんな感じで北区で行う演劇活動の魅力を発信していきたいと思っています!

大川美里

兼業役者
2月15日生まれ。B型。水瓶座。慶應義塾大学環境情報学部卒業。
大学卒業後演劇の世界へ。STRAYDOG退団後、各所転々とする傍ら会社員に。以後、兼業役者の可能性を探るべく、客演、ユニット立ち上げ、演出等、範囲を限定することなく活動を続ける。地元フリーペーパーのモデル、インターネットテレビのレギュラーMCなども。

個人ツイッター:https://twitter.com/nukuhime
個人Instagram:https://www.instagram.com/nukuhime