クラウドファンディングで公演を実現する人のお話【金渕琴音】

お久しぶりでございます。

そんなお久しぶりの間に、一つの節目を迎えてしまいました。

「20代という大台についにライドオンからのインザダーク」。金渕琴音です。

今回久しぶりに記事を書かせていただく事になったのは、

私が「しばいのまち」で連載させていただいているコラム「クズえんげきじん図鑑」が、この度『舞台』へと3次元化する事になったからです。パチパチパチパチ!!!

そこで、私がこのコラムを舞台化しようと思ったキッカケ・・・

とかは、とりあえず置いておいて〜

「クラウドファンディング」が成功して公演を打てる事になった経緯やら、喜びやら、はたまた「成功の鍵」などをちょっぴり紹介させていただけたらな。と思い、久々にしばいのまちへやってきました!!!ただいま!!!!

それでは早速、巷で話題のクラウドファンディングについてご紹介していこうと思います。

クラウドファンディングとは

さっきまで散々言っていた、クラウドファンディングとはなんなんだ!って感じですよね。説明させていただきます。

クラウドファンディング(CrowdFunding)とは

群衆(Crowd)と 資金調達(Funding)という言葉を組み合わせた造語で、「世を揺るがす画期的な物を考えたけど、開発費が足りない」「災害被害にあった町を復旧したい」など、様々な理由でお金を必要としている人に対し、 共感した人が一口1,000円程度からインターネットを通じて出資し支援をする、こうしたインターネット上で多数の人から資金を募る仕組みを言います。

私はこの「クラウドファンディング」というシステムで

「クズえんげきじん図鑑を舞台化します!キャストもスタッフもほぼ決まっていますが、その公演を打つ為の箱代(劇場費)がありません。このクラウドファンディングが成功しなかったら、この公演企画は無かった事になってしまいます。
箱代に必要な20万円の支援をよろしくお願いいたします!!!」

と公言し、企画ページを公表したところ、わずか2時間で、最低目標の20万円の支援を集める事が出来ました。

そして残りの2ヶ月のファンディング期間で、最終的に46万円を集める事が出来たのです。

支援して下さった方々には本当に感謝しか有りません。ありがとうございました!!!!!!

「オトナ達を見返したい」と挑戦を決意

実は、この公演企画は、先ず最初に、しばいのまちのお二人(今は一人)に相談していました。

クズえんげきじん図鑑は、しばいのまちのお陰で生まれたコンテンツだし、ちょうど、相談出来そうなオトナを探していたからです。

とりあえず一回話をしよう、という流れになって、当時私の頭の中だけで上演されていた「舞台版クズえんげきじん図鑑」を必死に2人に説明しました。

2人は、「いいねぇ」「面白そうだね」と言って下さって、うれしいうれしい琴音ちゃんは、俄然やる気が出ました。

だがしかし!!!!!!そこに立ちはだかる、唯一の壁!!!!!!!!

それは、「お金」です。

そこまできちんと考えていなかった私は、

「自分でバイトして貯めるしか無いのか・・・いやそしたら何年後になる?」
「お母さんに借りるしか・・・?」

と、漠然としたお金問題に頭を抱えました。

そこで当時2人だったしばいのまちのオトナ組は

「クラウドファンディングって知ってる??まぁ、これは最終手段だね。失敗してる人をたくさん見てきているし、成功する人なんてなかなかいないから。やってみるのは良いと思うけど、期待はしない方が良いよ。お金持ってる人と知り合いになってプロデュース協力してもらうとかが早いかもね」

と19歳の私に言いました。

このとき、私の何かに火がついたのです!!!!!!

「もういい!もういいわい!!オトナに頼っても無駄だった!! しばいのまちなんて関係なく自分一人で興行してやる!!!!!!」

そうして、クラウドファンディングに挑戦する決意をしたって訳です。

成功の鍵

自分には、特別な魅力が有るわけでもないし、まだまだ演劇人として下っ端の私は、他の方に比べたらファンがたくさんいるわけでもない・・・

どうしたら支援していただけるのか。と、日々悩みました。

そこで、私はリターン(支援して下さって方へのお返し)をとびきり豪華にするしかない!

と思い、自分なりの豪華なリターンを頑張って考えてみました。

実は、ここに成功の鍵があったわけです。リターンが、豪華になればなるほど、

こっちの支出は増え、支援額は減ってしまう

リターン製作に費やす時間が結構かかってしまう

と、デメリットがたくさん出てきます。

ですが!!ここで尻込みしてしまうと成功への鍵は、ピューーーッと遠くに行ってしまいます。(ピューーンっ)

最近、演劇を作るクラウドファンディングが増えてきていますよね(流行り作っちゃった!?私、流行り作っちゃった??!!)。そんな皆さんのクラウドファンディングは、割とマメにチェックしています。へへへ。

もちろん、どれだけ支援されているのか。も、結構マメにチェックさせていただいております。へへへ

・・・ですが残念な事に、支援率が100%を越えている企画を、あまり目にした事がありません

成功が厳しい企画に共通して言える事一つ目は、「リターンに惹かれない」です。あまりよろしくない言葉になってしまいましたが、これは割と本音です。

リターンから、リスクを考えすぎてしまっている企画者の気持ちがひしひしと伝わってきてしまうのが、とても残念だなと思います。

リターンは、言い換えれば、プレゼントです。「私のために、尽くしてくれてありがとう。これからもよろしくね」の気持ちを大事にしないと、成功は難しいのではないかな、と、私は思います。

大事なのは、「これからもよろしくね」のほうです。

彼氏や彼女、家族に、「いつもありがとう。これからもよろしくね」ってプレゼントをあげたりもらったりする事と、ほぼ同じ事だと思っています。

もう一つは「儲けようとしない事」です。

少しでも多く黒字を出そう!と汚い心を出したら、その瞬間、その企画は企画倒れしますよ!!!!!!!!

少しでも予定より多く支援していただいたら、その浮いた分も全て公演にかける。これが一番大事な気がします。だから、私は、20万円より上の数字は、ほぼスタッフさんの人件費に詰め込みました。

信頼出来る大好きなスタッフさん達にお願いをして、ここはこうしてもっと豪華に・この機材使いたい・などと相談を重ね、予算などはあまり考えずに、お客様への’’最高のおもてなし’’を提案し、お願いをしました。

そしたらなんとビックリ。新宿眼科画廊(キャパ40)なのに、思ったより0が多くつく寸前までいっちゃった。(笑)てへ。

でも、大前提に!!支援して下さった皆さんは、私に儲けさせてあげようという気持ちで支援して下さった訳ではないですから!公演をより良いものにする為!にいただいた大事なお金ですから!!

私は、そんな感謝の気持ちをたくさん込めて、今せっせと、公演企画の代表としての任務・リターン製作を行っています。

ま、こんな偉そうな事言っといて全部の回が満席にならないと、ほぼ赤字なんですけどね!!!!!!!!!!!!!!!!!(笑)

あ、後は、出演を快く承諾して下さった大好きなキャスト・スタッフのみんなの素晴らしすぎる魅力のおかげです。

夏には、オーディションもさせていただきました!本当に嬉しい事に、たっっくさんの応募をいただきまして、、、「もういっそ全員出てほしいよっぉおぉぉぉ(数十人)」と悩んだ記憶があります。

しかも応募して下さった皆さんほとんど、この企画へ賛同してくださっていて、楽しみです!って言って下さって、もう本当に、この上ない幸せでございました。ありがとうございました・・・

20歳の私が産む「舞台『クズえんげきじん図鑑』」

そんなこんなで、公演はもう目前。

1年半前に、私の一言から産まれたコラムが、ついにこの世に具現化されます・・・。半年以上前から、私の頭の中では上演されていて、それを実現させるべく、たった一人で準備をしてきたからこそ

今、たくさんの方に支えられて、一つの作品を作り上げられている事が今でも信じられないし、これが現実ならば、私は心の底から幸せです。

この公演は、私にとってかけがえのない宝物になると思います。もはやNOW。

たくさんの方々の想いを乗せて、愛するクズたちと、愛のある物語を紡いでいきます。

ぜひ、ご来場くださいませ!!!!

 

公演について

お席のご用意が、本当に少ないです。ありがたい事に、既にたくさんのご予約をいただいておりまして、もう残り半分と少しくらいしかチケットのご用意が有りません。。。

たった一回の企画、ぜひたくさんの方に見届けていただきたいです。

そして、私の大好きな、くによし組の國吉さんの描くシュールコメディーをたくさんの方に知っていただけたらなと思っております!!!これを機に、くによし組の輪が広がればいいな〜ふふふ。

長くなりましたが、最後に一言、〆たいと思います。

「20代になった瞬間に棘が丸くなったな己 金渕琴音」

金渕琴音

2014年に観た「里見八犬伝」をきっかけに舞台に興味を持ち、2015年5月に初舞台出演。舞台の楽しさを知る。その後も、様々な舞台に出演。また4歳の頃からストリートダンスを始め、現在も続けている。座右の銘は「閃き・妄想・即実行」。

twitter:@korot_act
詳しいプロフィールへ

公演情報

クズえんげきじん図鑑プロジェクト
舞台『クズえんげきじん図鑑』

■場所:新宿眼科画廊スペース地下
■タイムスケジュール
2018年2月23日(金)〜25日(日)
23日 15時半① 19時半②
24日 12時③ 15時半④ 19時半⑤
25日 12時⑥ 15時半⑦

■チケット
前売 2500円/当日 3000円
おパンツ席 3200円
(キャストのパンチラが拝めるかも?!スペシャル特等席!1ステージ限定6席)
※こちらのお席は、床にお座布団を引いたお席となりますので、腰の悪いお客様や、お身体が不自由なお客様はご遠慮ください。

予約→https://www.quartet-online.net/ticket/kuzukannproject
※役者個人予約フォームはありません。

公演の詳細はこちらから⇢クズ演劇人図鑑 こうえんしょうさい