町長・加藤エンは「しばいのまち」を卒業します!!

新年明けましておめでとうございます。町長加藤エンでございます。

2016年5月のOPENから、ライター、そして町長としてこれまで活動をして来ましたが、この記事を最後にしばいのまちから卒業することになりました。

何故卒業するの?

昨年末に新たに就職が決まり、1月より新たな仕事を始めることになりました。

これまでも二足の草鞋で、仕事としばいのまちの両方の活動をして来ましたが、今後は仕事により専念をさせて頂きたく、その上でしばいのまちスタッフの小池と相談した結果です。

何故就職したのか

ちょっとこれまでの自分を振り返ります。

高校生の頃に演劇を始めて、今年で12年目となりました。目標は「有名になること」「役者で食べて行けるようになること」で、就職なんて選択肢は僕の頭の中にはずっとありませんでした。

それがどうして変わったのか。それはきっとしばいのまちをやってたからでしょう。

「趣味=芝居」という選択

しばいのまちを通して、多くの演劇人の方にお会いさせて頂き、様々な方の様々なお話を聞いているうちに自分の気持ちに気が付きました。

僕は有名になりたいから、ギャランティが欲しいから芝居をやっているのではなくて、芝居が、演技をすることが好きだからこれまで続けて来たのだと。それならば、稼ぐことは別に仕事をして、趣味として出来る範囲で長く芝居を続けたい。そんな風に思うようになりました。

なので、今後もちまちまと役者活動はしていこうと思います。

最後に

2016年5月にOPENしてから約2年間と言う短い時間でしたが、これまで本当にたくさんのことをしばいのまちを通して学ばせて頂いきました。

町長の席、空いてます。もし、興味がある方、しばいのまちでやりたいこと、やってみたいことがある方は是非一度、TwitterのDMか問い合わせフォームから連絡をしてみてください。このサイトでは、自分一人じゃなかなか出来ない経験をすることが出来ます。

Twitter:@shibainomachi
お問い合わせ

最後になりましたが、どこの馬の骨とも分からない僕なんかにお話を聞かせてくださった皆様、様々な感想、時には喝を入れてくださった読者の皆様、一緒にしばいのまちに記事を書いてくださったライターの皆様、そしてこのサイトをやるキッカケを与えてくれた小池君、本当にありがとうございました。

またどこかでお会いすることがありましたら、是非お声掛けください。それではまた会う日まで。じゃ!

加藤エン:@ennkato