舞台運のない私がうらやましいと思うような座組みについて【深月あかり】

どうも。お久しぶりでございます、深月あかりです。
今回も演劇のあれやこれやを語っていきたいと思います。

私は俗にいう「舞台運」というものがございません。というか正確に言うと「舞台運、ないよね」って周りからあざ笑われてきました。

いつだって自分が本気であればどんな現場だろうが、お芝居はできます。だけど、しんどいなぁ…。早く終わらないだろうか…。と思いながら稽古期間を過ごした経験があることも事実。しばいのまち読者のみなさんも一度はそういう経験ありますよね?

今回は作品づくりにおいて、稽古場の雰囲気作りは大切なのか?そんなことをテーマにお送りしたいと思います。

作品づくりに仲の良さは必要か

作品づくりをする上で、仲良しの座組みっていいなって思っています。というか、そういう座組を見るとみんなすっごく仲良いんだよね!だから見ているだけで楽しいよ!エンターテインメントだよ!って言ってお客さんに宣伝してみたい。

やっぱり作品を見てて、仲の良さとかって正直、出るよなぁとも思っているんです。仲が良かったらいいのか?という訳ではなくて、仲の良さも反映させて作品を良くすることってできますよね。

私は嫌いな人とは絶対に仕事しない、という方針で生きているからかもしれないけれど、めちゃめちゃ仲の良さを売りにしている座組みがあってもいいと思うんです。

先日、私的に理想のよう稽古場組に出会いました。FunIQという団体で現在公演中の「落ちるな中学生」という作品の稽古場でした。

稽古場に入ると全員が自然に読み合わせをしていて、稽古が始まるまで役者間で細かい確認や読み合わせ、役者が演出家に相談している姿もありました。

何だか全員が本当に作品のことしか考えていなくて、「どうすればよりいい作品になるか」ということについて一人一人がとにかく考えて相談し合っていました。その姿を見て、みんなすごく仲良いんだなぁ…、同じメンバーで何回も公演打っているのかな?なんて思っていたら、「今回、稽古も少なめでみんな出会ってまだ数週間なんだよね」と演出家の舘そらみさんが言っていて本当に驚きました。

この信頼の厚さというか、仲の良さみたいなもの、誰かが何か魔法でも使っているのだろうか…。そう思っていたら稽古が開始しました。

演出家が役者と同じ目線

稽古は「アイスブレイク→段取り確認→シーン稽古→通し稽古」という王道の流れでした。でも、決定的に違う点が一つだけありました。

それは演出家が役者と同じ目線でいるということ。どういうことかというと、アイスブレイクが始まるなり、今回の演出家である舘そらみさんは役者と同じ円の中に入り、一緒にゲーム(ワーク)を行なっていました。見学に来ていた私にも「一緒に入る?」と声をかけてくれました。

作品って結局最後はお客さんと一緒に創るものなのだから、役者とか、演出家とか、お客さん、とかそういう肩書きを気にせず「共有する」って大切だよなぁ、なんて思いながらちゃっかり私もアイスブレイク(名前鬼)に参加しちゃいました(笑)。

シーン稽古でも、役者が演技プランを提案をしたり、自分以外のシーンでも「こう見えた!」など意見を役者も演出家もたくさん言い合っていました。

みんなで考えて考えて、相談して、本当にその場にいる全員で作品を創っていました。もうね、純粋にとっても楽しそうでした。作品づくりも、仕事も、人との掛け算でできるものですよね。

いろんな人とたくさん掛け算するから、よりよいものになっていくもの。それをこんなにきちっと丁寧に行なっている演劇の現場を私は初めて見ました。

稽古の雰囲気づくりの秘訣とは?

とても仲が良くて、コミュニケーションもしっかり取れて、バンバン意見も交わしあえる稽古場にできることならしたいって思いますよね?

どうやってこんな現場にできたんだろう…。秘訣でもあるのだろうか…。そう思って、FunIQのメンバーお二人(辻貴大さん・日比野線さん)に聞いてみました。すると「良い雰囲気で稽古できるようにというのは心がけているけど、今回はそらみさんのやり方が大きい(辻貴大さん)」、「顔合わせから車座になって、この作品をどう思うか、感想を言い合ったりして、みんなが意見を言いやすい空気をそらみさんが作ってくれた(日比野線さん)」とのこと。

これを聞いて、演出家がどういう風に稽古場の雰囲気を作っていくのかって今までそんなに重要だと思ってなかったけど、むちゃくちゃ大事やん!!と気付かされました。

座組みのみんながそれ程に厚い信頼をおいている舘そらみさんは果たしてどう思っているんだろう。そんなことを思っていたら休憩時間に。「一服いくぞ――!」と一人が言い、みんな出て行ったので喫煙所まで行ってみたら、全員いる…!!!!どこまで仲良い座組みなんだ…。

そらみさんに「ここの役者さん、みんなコミュニケーション速くて驚きました」なんて話したら、「みんなよく飲みにも行っているみたいなんだけど、とにかくずっと作品のことだけ話しているんだよね」と嬉しそうに言っていて、何というか、私はこんな現場に出会いたかった、と素直に思っちゃいました。

まとめ

演出家さんの独裁的なやり方ってもう流行らないんじゃないか、ゆとり世代の私は正直ずっと思っていました。

でも、ただ仲良しこよしって訳ではなく、しっかりといろんな意見が「掛け算」で出来上がる現場。それって演出家と役者にラインはあるけれども、同じ目線で作品を創るってことなんじゃないのかなって思いました。

私が今後、演出する機会があったときには今回のそらみさんのように役者の中に入るやり方は是非とも導入したい。「演出家だから」とか、「役者だから」とかって時には大切だけど、ずーっとその姿勢だと誰かとの掛け算を忘れてしまう。それって単純に楽しくないなって思うんです。

今回の現場を考察すると取れるコミュニケーションは全て取っているのが印象的でした。

「飲みニケーション(飲み会での会話)」、「たばこミニケーション(喫煙所での会話)」、全てちゃんと言葉にして相手に伝えていたし、コミュニケーションをしっかり取るぞ!という意識が本当に全員から感じられたんです。

私も、役者として作品を作るときにはしっかり言葉にして色々な人とコミュニケーションを取るようにしていきたいと今回の座組みの皆さんを見て、ほんとうに心から思いました。

今回の作品「落ちるな中学生」はおじさんたちが中学生を演じる、というおもしろい部分もあったりするので、こんな仲良しの座組みだったら見ているだけで熱いものを感じる作品になること間違いナシやろ!!と思えたので、私も時間を見つけて見に行きたいなぁと思っておりますよ、ええ。

「落ちるな中学生」公演情報

今回お話に上がった神稽古場だった「落ちるな中学生」の公演情報はこちら!

深月あかり

「好きなことを仕事に」をモットーにフリーランスで活動中。
現在はアイドルのダンス講師、振付け、子役指導、ライター、役者など、多方面に活躍している。
2018年1月からは念願だった秦組の出演が決定している。

Googirlライターになりました。
ダンスの振り付け&レッスンの依頼受付中。アイドル楽曲、演劇のダンス等、是非ともご依頼下さい。
24時間以内にオファーしよう!お仕事依頼はakari.3zuki@gmail.comまで。

【出演情報】
秦組「らん」
日程:2018年1月17日(水)~21日(日)
会場:全労済ホール・スペースゼロ(最寄駅:新宿)

本当に夢だった秦組で、出演もあの手この手で1年直訴して叶いました。
それほど、人を感動させることのできる作品なので、今の日常に刺激が欲しい人、是非ともお待ちしております。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin