東海道線の片隅から〜我々はアーティストである。名前は…〜【群青アパートメント:タチカズナ】

皆さんこんにちは。群青アパートメントのタチです。

いよいよ、「6畳 踵のつけ方」の本番も迫ってきていますが、今回は「何かもんやりした不安」に終始襲われている気がしています。うふふ。

そんなこともありつつ、コラムをスタートします。

今までのおさらい

結成6年目を迎えた妙齢アート集団、群青アパートメント。妙齢故のライフイベントに直面しながらも、プロジェクトメンバーとして参画してくれる人々を募集すべく9/17 20:00〜の回でリクルート説明会を実施する事を告知。果たしてその真意とは…?

東海道線の片隅から【群青アパートメント:タチカズナ】

2017.08.05

東海道線の片隅から〜アートライフバランスを考えたら〜【群青アパートメント:タチカズナ】

2017.09.10

劇団とは自称してません

群青アパートメントは、演劇を主に活動していますが「劇団」ではありません。だから、メンバーの事を団員とも呼びませんし、劇団とは名乗りません。

それは、設立当初から「演劇に限らない活動をして行きたい」という意思の表れです。

また、最近のウチの作風の1つに「限りなく舞台と客席の壁を破壊する」というのもあります。カフェで公演をしていたので、結構お気に入りの設定です。

しかし、その旨を書いて戯曲賞に応募したら「それは実験であって演劇ではない」と言われました。だから演劇もやってないのかもしれないですね。本人たちはすごいやってるつもりなんですが…

自分の肩書きについて

群青アパートメントは「クリエイター集団」とも呼びません。そもそもモノを作る人がそんなにいないからです。

ってか、役者ってそう言うカタカナに直したらなんて言うんでしょうか?

英訳が「actor(アクター)」なのは知ってますけど、日本で呼びませんよね、アクター集団、とかアクターズなんとか、とか。イメージ的には「役者」って「アクター」よりもどことなく泥臭い感じがしていて、それを許容しているから、カタカナにならないのかな、と思います。

更に私のことで言えば、私も何者扱いなんだろう?という疑問もあります。

制作(プロデューサー)であり、劇作家(ライター)であり、演出(ディレクター)であり、役者(アクター)であり、教師(ティーチャー)…細かくいえばカメラマンやったりモデルやったりもするので「活動の幅は多岐にわたる」系の人。

などなど考えたら、「兼業アーティスト」って言葉が一番しっくりきました。

全部説明するのは面倒だし、誰も求めてない。一言でざっくり分かってもらうにはちょうどいい言葉だと思っています。そうすれば「ART OF LIFE」も上手に回収できますし(笑)なので、私は兼業アーティストを自称してます。

更に、群青アパートメントは「劇団」ではなく「アート団体」です。と言い切ります。

群青アパートメントのあるべき姿とは

我々のあるべき姿は「主体性のある人たちが自分の得意分野でチカラを発揮すべく年1、2回お祭(公演)できる団体」なのです。

オトナになったから思います。主体性無くしてこんなことは出来ない。待ちの人に仕事が来ないように、待ちの人がいると、公演は回らないのです。

ここまでのコラムでお話ししてきた通り、そこに地方とか性別とか既婚とか正社員とか、そういったものはもはや関係無いんです。生活がかかってないからこそ、本気で遊べるし、その感覚を共有できる人達と創りたいし、観ていただきたいと思うのです。

今週末、9/16〜9/18に東京・江古田は兎亭にて公演を行います。

前回の記事にも書きましたが、9/17 20:00の回はアフターイベントにリクルート説明会を開催します。

さらに9/18 13:00の回のアフターイベントは過去作品のリニューアル朗読をプラスして公演します!

よりアート感を出すためにフリーライブ枠を設けてみています。これは正直、少し無理を承知でやるヤツです。だから怖くもあり楽しみでもあり。

一言で言えば、てんこ盛りです。てんこ盛り公演。会場で是非、お待ちしてます!

次回公演

群青アパートメント 6畳「踵のつけ方」
期間:9/16〜9/18
会場:江古田兎亭
詳しくはこちらへ

タチカズナ

群青アパートメント主宰、自称兼業アーティスト。コスプレ姿に惚れられて20歳で名古屋にて演劇活動を開始。就職で上京し暫く社畜として過ごした後、転職を期に演劇活動を再開。家庭の事情などで愛知に帰郷するも、元SEの知恵と知識で通信機器を駆使して東京で演劇活動を行っている。
タチカズナ個人twitter:@tacchies

メルマガorLINE@登録

メルマガorLINE@に登録して、ここでしか受け取れない情報を受け取ろう!