演劇の宣伝を実験する【Room105:鳴海琢元】

演劇ユニットRoom105(エンゲキユニットルームイチマルゴ)主宰と宣伝を担当しています。

鳴海琢元(ナルミタクゲン)と申します。
珍しい名前でしょう?
芸名ではないです。本名です!

お坊さんの息子でもありません!
私の父は仏教とはなんら関係のない理系のお仕事をしている人です。

…と自分の名前の鉄板ネタの話はさておき。

恐らくこの記事をご覧の皆様は私達の劇団の事を知る人はほとんどいないと思います。去年旗上げをして今年の5月に初公演をする新人ペーペーの劇団なのでございます。縁あって、しばいのまちで発信をしていくことになりました。

昨年の4月の東京を夢見て群馬から上京し、演劇界の広さとある意味の狭さにに驚きつつ、その中で既存の演劇専門サイトとは少しテイストの違った面白い記事をたくさん上げているしばいのまちを見つけてから「自分で演劇をやったらこういうところで記事を書いて宣伝してみたいなー」と夢憧れていた媒体に記事を書けるという事がどんなに素晴らしいことか…(早口)

…なんだか仕込みに聞こえてくるのでそろそろやめておきます(笑)

今回は、自己紹介がてらの私達の劇団の「在り方」について書かせて頂こうと思います。

「演劇の宣伝」という鬼門に挑む劇団

私達、『演劇ユニットRoom105』という劇団は表向きでは「舞台セットの変わらない劇団」と謳っていますが、裏の顔は「演劇の宣伝を実験する」という一風変わった劇団です。

演劇で宣伝…。鬼門だと思います。

複数の劇団さんに宣伝についてお話を伺ったことがあるのですが、「宣伝が上手くいって集客が沢山あります!」と、胸を張って言う劇団さんはほとんどありませんでした。

いつもどこかで「集客」、延いては「資金繰り」に対して悩みを抱えている劇団さんが多いように感じます。

様々な劇団が斬新な宣伝のアイディアを試している様ですが、その多くが予算の少なさや効果の不透明さ、労力の多さから(ひっくるめて費用対効果というらしいです)継続が出来ず、効果も出せていない様です。

近年では宣伝の方法がSNSへと変遷し、宣伝の環境が変わっているのもあって、どこの劇団さんも宣伝の方法を模索をしている状態なのだと感じています。

そんな中で宣伝が上手くいかず、資金繰りも上手くいかなくなり…という理由で解散していく劇団さんが数多くいます。そういう理由でそこそこ有名な中堅劇団の解散もいくつか見受けられます。

私は、声を大にして言いたい。

「もったいない‼」と。

色々な意見や考え方があるとは思いますが、私個人の想いとしては、折角面白いものを作っているのにも関わらず世間一般からは正当に評価されず、面白いものが作れなくなってしまうのがもったいなくて仕方がありません!

舞台ってテレビや映画と比べてはるかにメッセージ性が強い媒体だと思うんですよ!なんたって生の人間が眼の前で物語を披露するんですから。

「そんな面白いものを観ないなんて人生損だよ⁉」なんて勝手ながら思っています(笑)

…とそんなことを考えているうちに

【宣伝がうまくいっていたら面白いものを作り続けられる劇団さんが増えるのではないだろうか?】

という仮説が立ち、その想いを叶えるべく宣伝の方法を模索するための劇団を作りました。

大学の演劇部での経験が原点

私は群馬にある某大学の演劇部に所属し、制作の仕事をしてきました。

仕事内容はスケジュールの調整から資金調達・宣伝物の作成などなど多岐にわたるのですが、その中で私は下記の様な理由で、宣伝に一番力を入れていました。

  • 面白いものを作ろうとしている他の部員を精一杯応援したい。
  • 部員たちが作った面白い舞台をなるべくたくさんの人に見てもらいたい。
  • 舞台を見たお客さんの心の中に何かを感じてもらいたい。
  • その感じてもらった何かをモチベーションに、部員にはもっと面白いものを作ってもらいたい。
  • 私自身が面白いものをずっとみていたい。

その夢を叶えるために、思いつく限りの宣伝を自分なりに頑張りました。

ただ、宣伝って難しいですね。

頑張ったのですが、私の力及ばず来てくださるお客さんは部員の知り合いばかり…。自分の力のなさを感じました。

勿論来場してくださるお客さんは全員大切なお客様なのですが、もっと色んな人に舞台を見てもらいたい、そして舞台の楽しさを肌で感じてほしい。と、公演後に改めて思いました。

そのときの思いが今でも根強く残っており、卒業を機に東京に出てきて、その夢を叶える為の劇団を立ち上げました。

東京にでてきていくつかの劇団さんに話を聞かせてもらったのですが、面白いものを作るにはやっぱり集客やお金の問題が付き物なんですよ。モチベーションにもつながりますし。ある意味『憑き物』って言ってもいいかもしれません(笑)

面白いものを恒久的に作り続けるにはどうしても宣伝をしてお客さんを呼ばなきゃいけない。

だけど、その方法論は確立されていない。ならば、私が矢面に立って演劇の宣伝の実験を体当たりで模索しようじゃないか!。

…あと、そうやって銘打ってる劇団って見たことないので、意外性から劇団が売れるかもーという下心が少々。

ともかく、面白いものを作り続けられる劇団さんが一つでも増えるのであれば私は実験し続けたいと思っています!

まとめ

これから自分達の舞台を作りながらいろいろ宣伝の実験をしていきます。

私自身、まだまだ勉強を始めたばかりの身です。至らない点が沢山あるかと思います。私をよく知ってる人ならば「大丈夫なの?」なんて心配に思うことでしょう。

ですが、私の行動が少しでも演劇の宣伝を変えるきっかけになってくれればいいなと思っています。

どうぞ皆さま、よろしくお願いいたします。

鳴海琢元(ナルミタクゲン)

1993年生まれ。群馬県出身。大学で演劇部に入り制作として活動を続けこの仕事が性に合うことが判明。所属する演劇部のみならず、社会人演劇団体の制作を手伝うなどして演劇の沼にずぶずぶとハマっていき、大学卒業後に演劇をやるために上京。

2017年友人と演劇ユニットRoom105を劇団を立ち上げ、制作側の発想で売れる劇団をつくる仕組みを作るために奮闘中。現在は弟と二人暮らし。

TwitterID:@narugen148

演劇ユニットRoom105

2016年旗揚げ。鳴海琢元と筧恵の二人からなるユニット。

一つの部屋の物語を題材として取り上げ、毎回同じ舞台セットを使用するのが特徴。
人との縁を大切にしつつ演劇に合った宣伝を実験しながら舞台を作っていく。

HP:https://room105.amebaownd.com
Twitter:@ActRoom105

次回公演

あぱあとめんと
公演日:2017年5月12日(金)~5月14日(日)
場所:STスポット(横浜駅)
公演詳細ページ
チケット購入ページ

メルマガorLINE@登録

メルマガorLINE@に登録して、ここでしか受け取れない情報を受け取ろう!