高校生劇団「冗談だからね。」の体験授業。ロロ三浦直之さんに話を聞いてきた。

はじめまして。高校生劇団「冗談だからね。」主宰の安保泰我です。

「冗談だからね。」は都内で活動する、平均年齢19歳の高校生劇団です。僕自身は18歳の高校3年生です。

劇団名とか、平均年齢のあたりとか、全体的にキナ臭さ全開ですが、冗談じゃないです、基本的に本当です。

この度、2017年3月22日(水)-3月26日(日) に、花まる学習会 王子小劇場にて公演をさせて頂く事になりました。同劇場史上、最年少での進出らしいです。

本企画は現在、小劇場界の最前線でご活躍されている諸先輩方から、公演を成功させるためのアドバイスを頂戴し、次回公演、確実に勝ちに行こうという企画です。

あ、ちなみに次回公演のタイトルは『青春の延長戦』って言います。

第一弾は、ロロ 三浦直之さんと「王子小劇場での旗揚げ」や「青春の描き方」についてお話しました!

三浦直之

1987年生まれ、宮城県出身。2009年、『家族のこと、その他たくさんのこと』で王子小劇場「筆に覚えあり」に史上初入選。同年、主宰としてロロを立ち上げ、以降全作品の脚本・演出を担当。

ロロ

2009年より東京を拠点に活動中。
漫画・アニメ・小説・音楽・映画などジャンルを越えたカルチャーをパッチワークのように紡ぎ合わせ、様々な「出会い」の瞬間を物語化する。

小説のリーディングや音楽ライブと融合した短編演劇、映画製作など、ジャンル横断で演劇の枠を拡張しながら活動を行い、2013年 三浦直之・初監督作品 映画『ダンスナンバー 時をかける少女』(製作:ロロ)はMOOSIC LAB 2013 準グランプリ他3冠を受賞。2015年にはロロvol.11『ハンサムな大悟』が第60回岸田國士戯曲賞最終候補作にノミネート。

2015年より、高校生に捧げる「いつ高シリーズ」を始動。高校演劇のルールにのっとった60分の連作群像劇を上演し、戯曲の無料公開、高校生以下観劇・戯曲使用無料など、高校演劇の活性化を目指している。
公式サイト=http://lolowebsite.sub.jp
Twitter:@llo88oll
Facebook:llo88oll
Instagram:llo88oll

ロロの旗揚げは王子小劇場

安保
ロロは王子小劇場で旗揚げとのことですが、公演を打つきっかけってなんだったんですか?
三浦
大学3年生の時に初めて長編の戯曲を書いて、全然上演するつもりは無かったんだけど、メンバーの大悟に見せたら「面白いから、これ上演してみたら?」って言われたのがはじまり。

その頃、大学の仲間で演劇やってても観に来るのは友達ばっかりで内輪っぽい空気になっちゃうのが好きじゃなかったから、そうじゃない可能性が作れる様になったら良いなって思って、何かしら箔がつけば外の人も観に来てくれるだろうって考えて王子小劇場に企画を持って行ったら、劇場スタッフの方が「やろう!」と言って下さって、そこから「ロロ」が始まったっていう感じだね。

安保
じゃあ演劇の作品を作るっていう経験は王子小劇場が初めてだったんですか?
三浦
そうだね。演出はそのときが初めてだったね。
安保
失敗みたいなものってありましたか?
三浦
まず演劇のなにがどれだけ大変かっていうのが分かってなかったからね。

王子で公演した作品は「雨男」っていう役があって、その役の隣にジョウロを持った人がいて、ずっと男を追いかけて水をかけていくっていう作品で、そのジョウロの水が舞台上にどんどん溜まっていくっていう演出だったんだ。

けど「水を使う」っていうのがどれだけ大変で、かつどれだけお金がかかるのかとか知らなかった。何もわからない状態でやってたね。

安保
なるほど。そういった失敗を経験して、その後、どう活かしたんですか?
三浦
書いた戯曲は自分の中で未だにすごく気に入ってる戯曲で、でも演出は下手だなって自分で思ったの。

単純に技術力が足りない。どうやってシークエンスを繋げるかとかどういう風にテンポを整理していくかとか、基礎的な技術が足りていないってことを感じて、それってある程度場数というか経験値の部分があるなって思って。

そこから、とりあえずとにかく一杯演出する機会を自分で作らなきゃダメだって思って、旗揚げした年の1年間は短編を含めて毎月絶対公演をやっていたね。

安保
毎月公演をやって変わったことってありますか?
三浦
やっぱり経験値が増えると良くなったなって思う。

でも、今はもう毎月公演をやるのは無理だなって思うね。(笑)

作品の作り方について

安保
三浦さんは遅筆だって噂を聞いたのですが、普段はどうやって作品を形にしていくんですか?
三浦
あ、うん。遅い遅い。

最近のロロの本公演に関しては、プロット的なものはある程度用意してあるんだけど、空間を作るっていうことをしていて。

例えば、この前の公演(「あなたがいなかった頃の物語と、いなくなってからの物語」)は俳優が台詞を言いながらテーブルを動かす、テーブルが動いたことによって俳優はこんな景色が見える、で、こう見えるからこう言うだろうって台詞を言ってもらうと、じゃあ次テーブルはこういう風に動かすだろう、で、またテーブルが動いて景色が変わるから新しい台詞が生まれるっていう作り方をしたんだけど、そういうクリエーションをしていきたいなって今は思っていて。

そういう作り方をしていると、最初に全部台本をあげるのは難しくて、だからある程度皆に「今はこういう作り方がしたいんだ」ってことを説明している。

そうすると俳優さんに負担は増えるから、どういう風に俳優さんのストレスを減らしていこうっていう…ストレスというか俳優さんは、台本が遅れれば遅れるほど演技に関して考える時間が減るわけじゃん。そこに対してはどうしていけばいいかというのはずっと考えてる。

安保
すごく面白いですね…。景色に当て書きしてるみたいな感覚は面白いです。
三浦
そうだね。

よく色んなところで言ってるんだけど、僕が演劇始めて感動したのは舞台上になんにもないところで、例えば脚立がぽんって置いてあって、それを「山だ。」って言えばそこに山の景色が出来上がるっていうその見立ての力で、そういうものを駆使して作品を作っていきたいなっていうのがあるね。

安保
ロロの俳優さんって客演されてるのも観てるんですけど、毎回役がコロコロと変わっているなって思っていて、それが今のお話を聞いてすごく納得しました。

毎回見るたびに違う役をやっているなって、もちろん違う役なんですけどやっぱり劇団でやってるとこの人はこういう役だよねっていうのが出来てきちゃうものだと思うんですよ。

でもロロはそれがないなぁってずっと思っていて。俳優に対してというよりも周りに対してだからかって納得しました。

フィクションとしての青春を書きたい

安保
先日いわき総合高校の生徒さんと「ライトブルー」のPV撮影に参加されていたのを拝見させて頂いたんですけど、自分たちもこの間の公演で映画監督の木村文洋さんに予告編を作っていただいたので、もしよかったらそれを見ていただいてもよろしいですか?

ライトブルー

冗談だからね。予告編

三浦
あ〜すごいいいね。テキストも自分たちで書いてるの?
安保
監督さんが用意してくれたました。

そもそもこの公演(「飛ばない教室 または、わたしのいないその場所」)の作演の前川麻子さんとは前川さんが高校演劇に関するツイートで炎上したときに、自分たちがそれに乗っかるかたちで宣伝をしたっていうきっかけで知り合いまして。その時のツイートを参考にしました。

三浦
そんなことがあったんだ。なるほどね、面白い。
安保
この2つを見てもちろん出来の差はあるんですけど、多分やりたいことっていうか目指してる方向は一緒だなって思ったんですよ。
三浦
そうだね。似てるね。
安保
ちょっとした違いは沢山あると思うんですけど、一番の大きな違いって三浦さんの思う青春のイメージと僕らがもつ実感としての青春ってところだと思ったんですよ。
 
三浦さんの作品に落とし込んだときの青春とか高校生だったりに対するイメージを聞かせていただけたらなと。
三浦
あ、それはね僕もせっかく高校生と話せる機会だからぜひ聞きたいと思っていたこと。

そうだねー。自分が書いてる高校生っていうのがリアルな高校生っていう認識ではないんだよね。

自分が小説とか映画とかで好きだった青春の物語もフィクションとしての青春だったり、フィクションとしての高校生だったりっていう部分があったから、自分がフィクションとしての青春を書きたいなって思ってる。

僕が高校生だったときに影響を受けたものって今でもすごく印象に残っていて、だから今の高校生にとってそうなる作品が作れたら幸せだなって思ってるんだけど、僕ももうおじさんだし。

「おじさんが好きな高校生」を今の高校生たちに見せるみたいな形にはしたくないなって。

いつ高シリーズをはじめたキッカケ

安保
「いつ高シリーズ」はどうしてやろうと思ったんですか?
三浦
高校演劇を初めて観た時に本当に面白いなって思って、クオリティが高かったりオリジナリティあるアイディアの作品を上演してる学校があったりして、たくさんの刺激をもらったね。

その時に高校演劇には色々な制約があることも知って、じゃあ同じ土俵に上がったときに同じように面白い作品が作れるのかっていうのがまず「いつ高シリーズ」を始めたそもそものきっかけだね。

あとは、全部の高校がそうっていう訳じゃないんだけど、高校演劇の台本でよくあるパターンだなって思ったのが、最初ね、こういうものがやりたいです!ってオリジナリティあるなってところから始まってワクワクするんだけど、途中で主人公がある葛藤を抱えてそれを乗り越える。っていうパターンのお話が傾向として多いなって感じて。

葛藤を抱えさせるって物語を転がす上で有効なことだけど、そうじゃない60分の使いかたもあるんだよ。っていうことを提示できるといいなって思って。だからいつ高シリーズで描く青春はなるだけキャラクターに葛藤を抱えさせない。

葛藤っていうのが無くても演劇は作れるという選択肢があるんだって思ってくれる高校生が1人でも増えてくれれば良いって思ってやっているかな。

安保
すごくぶっちゃけた話をすると、僕が「いつ高」を観て、めちゃめちゃ面白かったんですけど、これは三浦さんがロロ以外で高校生に上演をしてもらいたいのかなって思って。
三浦
あ!むしろそれはねめちゃめちゃして欲しい。すごくして欲しい。
安保
そうなんですね。それに対しての高校生なりの返答をしても大丈夫ですか?
三浦
うん全然。超して欲しい。嬉しい。
安保
「いつ高シリーズ」ってどのくらい高校生が上演してますか?
三浦
新入生歓迎会みたいなので1校か2校かな。あとは大学生だったらもうちょっとあったけど、高校生はそのくらいだね。
安保
「いつ高シリーズ」がどうして高校生に上演されないかって、僕なりに考えてて。なんでこんなに面白いし高校生もたくさん観にきてるのになんでだろうって。

多分なんですけど地区大会って割とどこも勝負をかけにきているというか、ここで1年が決まってしまう最初の最後のチャンスだったりして絶対勝ちたいって思ってる高校がどこにでもあったりして。自分の代では1回も都大会にはいけなかったんですけど、自分もそうだったんですよ。

これなら勝てるなっていう傾向と対策を練って挑んでいて、そうなってくるといつ高は穏便というか、勝負に勝ちにいくという戯曲ではないんじゃないかなって思ったんですよ。

すごく高校生への提案としては素晴らしい作品だと思うんですけど、上演にはあまり向かないかもなって思いました。

これは僕のすごく勝手な話なんですけどむしろ30分くらいのほうが高校生には喜ばれるんじゃないかって。地区大会では難しいと思うんですよね。いつ高の面白さがわかるのってちょっと高度というか……。

いじめとか戦争とか、言ってしまえば分かり易い問題点がある台本がある一方でいつ高シリーズはなにも起きないじゃないですか。

もちろんそのなにも起きないのがいいんですけど、そうなるとやっぱり地区大会の台本の候補としては弱いのかなって思いました。

だから上演を目指すのであれば地区の発表会向けに30分程度のほうがいいんじゃないかなって、すごく勝手なんですけど、思いましたね。

自分で書くきっかけにしてほしい

三浦
あ〜なるほどね。ありがとうね、ありがたいねこういう話を聞けるのは。

今後のいつ高シリーズで思ってることがあって。それは、自分の戯曲を使ってもらえるのはもちろん嬉しいんだけど高校生は自分で書くのが一番だってこと。

自分で書ける子はいつ高シリーズなんて全然やらなくていいと思ってるのね。

でもそういう選択肢がない高校もあるじゃん。そういう高校生たちにネットでみつけたヤバイやつはやめて欲しいなって。それをやるくらいなら…って気持ちがあって。

もう1個は書けない子たちの書くきっかけを作りたいなと思っていて、ゼロから書くのは難しいかもしれないけどその手がかりみたいなのを作ってあげたいなって。

安保
あ、それで二次創作とか。
三浦
そうそうそう。

二次創作とか、いつ高っていうフォーマットを使って高校生たちがこの世界観に新しいキャラクターを加えたり今いるキャラクターを使ったりしながら短くてもいいから自分で書いてみるっていうことをして欲しくて。

今年の夏からそういうワークショップをやろうとしてるんだけど。

安保
わ〜やるんですね!あ〜今年か、高校4年生だな。行けるのかな…行きたいな。
三浦
いつ高に関しては僕の手から離れてどんどん世界が広がっていくことになったら一番嬉しいなって思ってる。

1998年、2008年、2018年

安保
僕が1998年生まれなんですけど、王子小劇場と同い年なんですよ。1998年の頃の三浦さんて何されてましたか?
三浦
98年だから、11歳か。小学校5年生。僕、友だちから誘われて3年生から学校のマーチングバンドに入ってトロンボーンをやってたんだけど吹けなくて、ずっとトロンボーンが吹ける友だちの手の動きを真似して誤魔化してたの。

そしたら5年生になったときにトロンボーンの経験者が自分だけになってパートリーダーを任されて、吹けないのに。だからヤベーなって焦って。(笑) めちゃめちゃ練習しまくってたかな。その時の責任感とかまとめるみたいな意識は今でも役に立ってると思うな。

安保
その10年後になるんですけど2008年はどうでしたか?僕、ちょっと調べたんですけど旗揚げ公演をやる1年前でした。
三浦
あ、じゃあその長編を書いてるときだ。2008年3月から中頃まで書いてたかな。で復活してるときだ。僕、その1年前くらいに失踪してて。
安保
え!失踪ですか?
三浦
そう。ずっと制作の仕事をしてたんだけど、全く制作の才能がなくて仕事を抱えこみすぎちゃって爆発して失踪したね。実家だったり友だちの家を転々としてたんだけど、帰ってきて、1度ちゃんと自分で書こうと。
安保
次、2018年なんですけど、来年何してると思いますか?展望とかあれば教えていただきたいです。
三浦
来年どうなってるんだろうなぁ。

でも演劇って嬉しいことなんだけど来年の公演が決まっちゃってることもあるんだよね。

んー、個人的な話としては、今までで「ハンサムな大悟」って作品と「あなたがいなかった頃の物語と、いなくなってからの物語」って作品を作っていて、それはある人の長い人生を描くってことをやってみようと思って始めてるのね。

「ハンサムな大悟」は一人の人生を描いていて「あなたが〜」では世代を通した物語を描いていて。

それをやろうと思ったきっかけは、長いスパンの時間を描きたいなって気持ちが大きくなってきていて、でもいきなり大きなものを描くのは難しいからちょっとずつそのを規模を増やしていこうって思っている三部作としての一区切りを2018年で作りたいね。

まとめ

ごめんなさい、本当ならもっと三浦さんにインタビューするつもりだったんですが、後半は楽しくなって僕がいっぱい喋ってしまいました…。

いつ高シリーズに対する僕の失礼な注文にも耳を傾けてくださる三浦さんの人柄が作品にも俳優さんに対する姿勢にもよくあらわれているなぁとお話しながら思いました。遅筆はほんとに良くないって肝に銘じて執筆がんばります。

本当はもっとたくさん劇団のこと高校生のことだったりを話したのですが、都合上割愛。

載せられず残念。喋りすぎちった。

安保泰我

冗談だからね。主宰。1998年生まれ。18歳の高校3年生。高校2年生のときに、冗談だからね。を旗揚げ。肩身狭いから、あんまり打ち上げ行きたくない。

冗談だからね。

顧問から上演許可をもらえなかったら腹いせに、結成。

大人にならざるを得ない現代に生きる、大人にも子どもにもなれない人々の、生活とこれからを。意地悪な冗談と、それに似た本当で、単なる嘘とか、出来れば言いたくない本音とか、も交えつつ。実感の伴った手触りを以って、描く。いろんなひとを敵に回しつつ、徐々に面白がってくれる人も増やしつつ。演劇と演劇ごっこの狭間、超最前線で戦っている超若手劇団。

公演情報

冗談だからね。③
花まる学習会 王子小劇場 最年少進出公演
『青春の延長戦』

作・演出:安保泰我
会場:花まる学習会 王子小劇場
期間:2017年3月22日(水)〜3月26 日(日)
詳細:http://rpgjoudan.wixsite.com/jyoudan-dakarane/blank-4