表情豊のはしくれ水滸伝 第一回「笑ってる場合です」

「なんか私、やれる気がする」

特別なものになりたかった十代の私は、「ビッグになりたい」みたいな、偏差値2くらいの夢を見て、なんやかんやで大阪にいた。

駅近徒歩5分のマンションに人の金で住んでいた当時の私は、ほとんどヒモみたいな生活をしながら、手元にある資金を総動員して手当たり次第コントや漫才、そして演劇の舞台へと足を運んだ。

そして気がつけばいっぱしの、「なんにもやってないけどなんかわかってる気になってる人」になっていたのだ。

そんなわけで皆様こんにちは。もしくはこんばんは。HYP39Div.主宰、作、演出の表情豊と申します。

以前、何回かコラムを書かせて頂いておりますので、はじめましてではない方もいらっしゃるかもしれませんね。はじめましての方はこれを機にどうぞお見知り置きを。

え?冒頭の文章ですか?せっかく連載を頂いたので、売れない作家特有の「承認欲求」全開の私小説書いてみようと思ったんですけど、たぶん誰もそんなの読みたくないだろうからやめました。

すいません!!私、つい先日「私小説」っぽい舞台、やってしまったばかりです。あーあ、って感じですよね。精一杯やったので、後悔はしていないのですけども。

6人中5人の劇団員が退団

今回は、このコラムをやるにあたっての、「しばいのまち」様での打合せの様子を漫画にしてみました。K藤さん、K池さん。その節はどうもありがとうございました。

初回なのでカラーにしたんですが、破滅的に色塗りのセンスがないので多分もうやりません。

で、まあ、ご覧の通り、年末に劇団員が6人中、5人退団しまして。六人中五人ってもうほとんどいませんからね。すごいことですよこれ。

ちょっとの間、周りの方々にも気を遣って頂いたのか、なんとなく私の周辺ではタブーっぽい空気になってたんですが、まあ、もう、過ぎたことですし、こういう形でこっちからオープンにしてやれ、という感じなのです。だって人生は笑ったもん勝ちだと思いますから。実際今ちょっと笑ってますし。

劇団員が退団していくということ

確かに、楽しいことや辛いこと、たくさんのことがありましたが、今はただ抜けていった劇団員やスタッフたちがどんな形であれ幸せになることを祈るばかりです。

そう、なんか、解散とか、退団とか、そういう相手って「別れた彼氏(彼女)」みたいなポジションになりませんか?(別れ方にもよるのでしょうけど)

別れたからには理由があって、でももちろん、大好きだった時期もあって。それら全部をひっくるめて、「向こうに行っても、元気でやれよ」みたいな、そんな気持ちになったりしませんか。

実際うちの劇団の中で何があったかっていうのは、まあ長くなりますし、さして面白い話でもないので割愛しますが、演劇界ではよくある話です。

体感なのですが、去年はいろいろな劇団さんで退団の発表があったり、解散の発表があったりしたな、と。Twitterやネットニュースでそんな情報を見る度に「この人たち(主に主宰)と酒を飲みたい」なんて思ったりするのですが、どうせ集まっても恥ずかしくってモゾモゾするだけなのかな、とも思ったり。

別れた彼女や彼氏の話をするのって、なかなかにセンスが必要だと思うんですよ。ただただ悪口を言うとか、たらたら未練をつぶやくとか、余程突き抜けないと、そんなの面白くない。

公にこういう話題に触れるってのは、なかなか難しい問題なのかもな、と。実際、「この人(劇団員)フワ―っと劇団HPからいなくなってるけどどうしたの?」みたいなこともありますし。

でもそんな感じで、まったく触れない、ってのも私的にはなんか違うなと思うんです。

「いじっちゃいけない」は気持ち悪い

「いじれない人」っているじゃないですか?完全にこう、どこからどう見てもヅラなんだけど、本人がそのことをタブーにしてしまっているのでいじれない、とか。

そういうのってよくないと思うんですよ。周りに気を遣わせるだけで、何にも生まれないし、すごく気持ち悪いなと思うんです。

だからこれを読んでる私の知り合いの方も、「よう豊!お前んとこ劇団員めっちゃ抜けたらしいな!」くらいのテンションでいじってもらったほうが私はありがたい。

そしたら、面白いかどうかは別として、「そうなんですよ!マネージャーが独立しようとしたのを反対して…って誰がスマップやねん!わしゃ何か!キムタクか!知らんけど!ズベシャアア!!」みたいな、浅い知識の解散騒動とかでノリツッコミもできるし。あ、面白いかどうかは別としてですよ。面白いかどうかは別として。

いや、劇団員たちがどう思うかはわかりませんが、私はそのくらいがちょうどいい、っていう話です。これを読んでる主宰の皆さんは、どうですか?

これからのこと

そんなこんなで、(どんなこんなかちょっとわかりませんけど)HYP39Div.は2013年に旗揚げし、本公演を四回、小さな公演をいくつかやって、今現在、劇団としての活動を少しだけお休みさせて頂いてます。

お休みの間に、私自身なんやかんやと外部のお仕事を頂いたりして、力をつけて、また劇団としての公演をやろう、といった感じです。

ちなみに去年はほぼ一年中、「しばい、やめたろか!」と思いながら過ごしていたので、そんな私がこの「しばいのまち」様で連載を頂くというのもなんだかおかしな話です。

まとめ

第一回ということで気合を入れて臨んだのですが、ほぼ自己紹介みたいなものと、劇団員が退団したよという話とスマップの解散悲しいねという話で終わってしまいました。

次回からは、そうですね、「しばいのまち」の住民の皆様に喜んでいただけるような…ご機嫌でポップでキャッチーな…オザケンみたいな…カローラ2に乗ってるみたいな…そんなノリのコラムを書きたいと思いますので、改めて、どうぞよろしくお願い致します!

表情豊

表情豊
「HYP39Div.」主宰。脚本、演出、出演、だけに留まらず、コラム、イラスト等、頼まれれば大体のことはやる女。人生で一度も痩せていた事がない。横スクロールのゲームをやると吐く。
詳しいプロフィールへ


第二回しばいのまちオフ会開催!



10/28(土)13:00〜開催!