小劇場の制作、ここおかしくない!?制作が抱える問題たちを今語ろう〜私がチケットを売るためにしていること編〜

ごきげんよう。(旅公演の山梨帰りなので「花子とアン」っぽくはじめてみました)

前回「チケット売るのは制作の仕事とは限らない」と言い切ってしまいましたが、チケットを売ることとお客さんを動員するということもイコールじゃないです。

動員というのも有料動員と無料の動員と両方あるうえに、「今いるお客さんの集客」と「新規顧客開拓」とそれぞれあるわけですよ。

それを全部ひとまとめにして「集客してこい!」と言われましても、どこに対してどういう形でどうやってどれぐらいどうするんだ…という話です。

新規の顧客開拓というのは、演劇業界そのものに対して絶対的に足りていません。実際のところ、小劇場における集客は役者個人の知人やファン、役者同士がお互いに見に行っていて、伸びないネズミ講のようなお互いにお互いを食い合っている現状ではないでしょうか。

さらに小劇場ファンなどで来てくれるかもしれない見込み客すら呼べていないというのでは?というのが多くの劇団・演劇人の現実だと思います。

制作の動員施策とは

じゃあ制作がやる・できる動員への施作とはなんでしょうか。

集客の軸になるのは人、新規顧客開拓、いわば「創客」の軸になるのも人、なんですが、ここで一言言わせてください。

演出家が無名、脚本家が無名、出演者も無名、会場もなんか聞いたことのないようなスペース・・・で何を軸にして売れと!?

誰でも表現が出来る時代

日本は演劇のみならず表現活動に対して「お金を出せば誰でもできる」それこそ一億総クリエイターとも言える状況です。

オマケに演劇に関しては海外のように「演劇を大学で専門的に習ったことのある人だけが役者として職業につける」なんてこともなく、やりたいと思えば誰でもやれてしまうんですよ。

ということは、小劇場で海千山千ある団体って、自称プロですけどクオリティは保証されていないし、大学生のサークルや趣味でやられている市民劇団などの方と何が違うの?はっきりいって同じでは?と外部から見れば思うのではないでしょうか。

「自分の作品を発表する」ことが主軸なのであれば「それは演劇の公演である必要がありますか?」というのを今一度問うべきだと思います。

自分の仕事を減らしてしまうような発言ではありますが、動員できるかどうかわからないのにわざわざ演劇という形式で、お客様からお金をいただく以上、そこは考えてみてほしいところです。

まあそんなこんなで基本的に逆境なんですが、制作として私がやってることはただ一つ。
「役者が売りやすいように整える」です。

動員の軸になるものは基本的に「人」です。これは興行の大小問わず同じこと。しかしながら小劇場の場合、役者さんのお客様、それも「ファンではなく、役者自身の手売りによるお客様」に動員の大部分を頼っている状況です。

ということは「制作目線での売りたい方法」と「役者目線での売りたい方法」を並べた場合、どちらを優先すべきかというと、後者です。

具体的な対策はこんな感じ。

チケットについて

役者さんの売りやすい方法が当日精算であるのならば受け入れます。

制作目線で見れば「当日精算なんて予約とは認めない」のですが、ここまで定着してしまってるシステムは一朝一夕には変えられないので、「それでチケットがちゃんと売れるのであれば」容認します。

できるだけお客さんの買いやすい方法をとる

しかし、役者にとって売りやすい方法と、お客様にとって買いやすい方法というのは必ずしも一致しないもの。ということはチケットの購入に際して多様なチャンネルを提案し、導入ならびに運用するすることも制作の大事な仕事。

「役者さんは自分がやりにくいから、周りのみんなだってやりにくい、だからプレイガイドの導入反対だ!と言われることがある」とプレイガイドの営業さんから聞いたことがあります。

このご時世にアナログで、問題が起きるリスクも高い当日精算システムに固執するのもどうなんだ!?そこだけワンパターンというのも絶対によろしくない、と思っています。

お客様と直に接するところである以上、ありとあらゆるパターンに対応すべきだと思います。

また他にもはリピート割引・特典、アフターイベントが施策としてありますが、こちらはチケットが売れる前提でさらに動員をかけようという話なので今回は割愛します。

広報について

役者さんたちは自分たちが参加してるし、直に接しているから 「すごいから観て」とよく言われてますが、こちらは芝居を直接作っていない以上「いや、そこは客観的にいきましょう」という話です。

「人」が見える広報を心がける

実際の例としてメール配信のテンプレートを作成したり、PVの作成などで具体的に「作品についての見える化」をしています。また、どういう「人」が関わっているかの見える化も重要。

野菜の販売じゃあありませんが、どういう人たちが携わって、どういうことをしているのかという「人」で呼ぶということを提案しています。

進行管理のテコ入れ

また、企画段階から入っているのであれば、トータルの進行管理もテコ入れします。

既存作品でも有名なものを選んだり(例えば小劇場でも「キャラメルボックス」作品がよく上演されてますよね)、オリジナルであればあらすじと台本はとにかく早く上げてもらう。既存作品ならともかく、オリジナル作品で書き下ろしなど、どういうものかわからないものは売れません。

準備の線引き・役割分担

他にも役者が芝居に集中して、自分の活動についての広報・営業活動を行う上でも「芝居がどういうものであるか」の提示、また、「演技以外で小道具や衣装など、どこまでが役者がその公演準備でやるべきことなのか」の線引きをはっきりさせておきます。

そうでないと「これ、誰がなにをどうやるの?」と曖昧なまま稽古が進み、準備もちゃんとされていないまま公演に突入してしまうと、不幸な結果が待ってます。(※実話)

「やるべきこと」の線引きは、全セクションに対して必要です。

単純接触回数の増加

加えて、単純接触の回数を増やすということも大事。

世の中には「自分はこんなにやってるのに!!」という人が大勢いらっしゃるかとは思いますが、この情報過多の時代、様々なコンテンツと戦わなくてはいけないわけです。

となると、お金が無限にかけられない以上、お金と時間は等価交換なので「限りある時間をフル活用して物量で勝負」です。

外部評価を得るための戦略提案

そういう地道な形で露出もしつつ、チャンスがあれば、評価を外部から輸入する。業務内容によっては、演劇祭などに参加するなど注目されるタイミングに発表するなどの戦略も含めて提案します。

作品の発表という点だけ見ても「評価してもらうべき人に判断してもらうこと」というのはとても大事です。制作が呼ぶべき集客はこういうところなんです・・・。

まとめ

残念ながら「売りやすくする」と「売れる」というのは同じではありません。

そして動員や売上という結果が伴わなかったときの「売れない理由探し」「動員できなかった犯人探し」は簡単です。

特に制作は標的になりやすいです。お金を扱っている以上、厳しいことも言いますから。「当日精算チケットの方が値段高いとか売れない」「プレイガイド優先とか役者に不親切」「チケット代が高すぎる」など、これらは全部私が本当に言われたことです。

チケット代が安いからといってじゃあ売れるのか!と聞かれればこちらもNO。エンタメ系商業演劇やライブ、人気のスポーツなどを見れば一目瞭然。アクセスが悪くても1万円代や2万円代のチケットが即ソールドアウトなのもザラです。

公演の大小問わず、その公演やイベントがそのお客様にとって魅力的であれば値段場所お金、内容は関係ない話です。それだけ顧客を捕まえられてるというだけ。

私は安藤美姫ファンで、彼女が出場するフィギュアスケートの試合に応援のために海外も普通に行ってました。役者が自分のお客さんを捕まえられていないことは、公演としてのチケットの売りやすさとは別問題です。

そしていくらお膳立てしたところで残念ながら売れないものは売れないし、「いい作品」と「売れる作品」が別なのも現実。

でも、広報や営業が先走りすぎて「売れた作品」が「悪い作品」であったらその次は無いです。やはりお客様はシビアです。どっちが欠けても成り立たないセクションだからこそ、両輪揃えるのは難しいと考えています。

藤田侑加

兵庫県神戸市出身。大学で舞台美術を専攻後、卒業後演劇の制作として活動を開始。現在はフリーで演劇の企画・広報・制作から海外の演劇祭などにも参加している。時々グラフィックデザインも。
ツイッター:@yukarienne

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin