今日からすぐ使いたくなる!演劇人にすすめるLINEスタンプ5選

おすすめLINEスタンプ5選

バミリ、ゲネプロ、完パケ、、、演劇にはたくさんの専門用語(?)があって、LINEで使おうにもいちいち変換失敗するしめんどくさい!!
そんなあなたの悩みを解決しちゃう、実用的な演劇人向けのLINEスタンプをご紹介します!

おすすめ演劇人向けLINEスタンプ5選

舞台のスタッフが普段使う言葉や道具を表現した便利なスタンプたち

舞台スタッフ用超実用型スタンプ

LINEスタンプ
値段:¥240
https://store.line.me/stickershop/product/1222412/ja

スタンプ説明文には「舞台監督、音響、照明、制作のあなたにオススメ」と書いてありますが、演出家、役者も使えるスタンプばかり!無駄なく見やすいデザインで、要点を的確に相手へ伝えることができます!

筆者が特に胸をうたれたスタンプは、ずばり40個目のスタンプ。クオリティの高いイラストの中に忽然と佇む人影と「今 どこにいます?」という文字。

劇場ではスタッフキャストに限らず人がすぐいなくなります!貴重な休憩時間にコンビニに走りたくなる気持ちは分かる!でも場所を移動する時には必ず、舞台監督なり演出助手なりにしっかりと行き先を伝えて、携帯電話を持って行動しましょう!くれぐれも、この哀愁に満ちたスタンプが送られてこないように…。

舞台裏方さんスタンプ!

LINEスタンプ2
値段:¥120
https://store.line.me/stickershop/product/1206333/ja

こちらは完全にスタッフさん向きのスタンプです。キュートなクマのキャラクターが様々なセクションで仕事をしてくれています。先にご紹介したスタンプとの大きな違いは、比較的「本番外」で使うスタンプが多いところでしょうか。「打ち合わせ」のスタンプや「雪駄と足袋いります」スタンプ等、事前準備時に使えそうなものがたくさんあります。

この中で気になるスタンプといえば、やはり4行2列目「聞いてない!」スタンプでしょう。大きなカンパニーになればなるほど、指示が通りにくくなってしまうのは会社も芝居も同様です。

何か少しでも自分の知らない演出、台詞など出てきたら迷わずこのスタンプを送り付けましょう!遠慮はいりません。一番怖いのは、「本番までスルーし続けること」…!疑問や怒り(?)は本番前までに必ず解消しましょう!

katteni engeki☆舞台制作スタンプ

制作
値段:¥120
https://store.line.me/stickershop/product/1263263/ja

こちらは制作スタッフさん向けのスタンプです。お客様に一番近いところで動くセクションだからか、「当日精算」や「前売り開始」等、観客として使うのにも便利なスタンプですね。

「着到」というスタンプがありますが、「え?”到着”の間違いじゃない?」「このイラストどういう意味?」と思った方も多いのではないでしょうか。言葉の意味的には「着到=到着」で間違いありません。イラストは、役者が楽屋入りしたか否かを見る「着到板」と呼ばれるもので、役者さんが劇場に入る際に使う出入り口(楽屋口と言います)に設置してあります。

片面ずつ赤字と黒字で名前の書かれた札が下がっており、楽屋入りした役者は赤字から黒字へ、逆に楽屋から出るときは黒字から赤字に名札をひっくり返します。小劇場ではあまり見かけませんが、大劇場や歌舞伎などの伝統芸能の世界ではお馴染みのアイテムです。

黒衣の「聞こえない」声援

黒子
値段¥120
https://store.line.me/stickershop/product/1058569/ja

裏方で活躍する「黒衣(くろご)」さんに焦点を当てたスタンプです!この姿で舞台に登場しても、お客さんには見えていない「てい」で物語が進んで行きます。よくよく考えてみると、本当に面白いシステムですよね。

そもそも見えない設定なのに、こんなにコミカルに動き回る黒衣ちゃんが可愛くて仕方がない!何気にピンクとネイビーの黒衣ちゃん(もはや黒衣と呼んでいいのか)も登場しています。

何より他のスタンプと比べて異なる点は、さりげなく「和」のテイストがちりばめられているところです。取り出している小道具はお椀やお重だし、開けているのは襖だし、ボンボン持って声援を送っていると思いきやその後ろで演奏しているのは和楽器の「鼓」と「能管」。細かいところまでしっかりした世界観で表現されています。古典芸能に関わる際にはぜひとも持っておきたいスタンプですね!

職人・作業員お役立ち現場スタンプ

裏方
値段¥240
https://store.line.me/stickershop/product/1191091/ja

さらに裏方さん(大道具・演出部・舞台監督さん)向けのスタンプです!職人さんも使えます。イラストメインで分かりやすく、使い勝手の良いものになっています。

が、よく見ていただきたいのがこの中身です。「インパクトあります」…これ演劇人にはかなりなじみのあるアイテムである、簡単に言うとネジを自動で板にねじ込むことが出来る道具をインパクトと言うのですが…。ん?インパクト持ってるってこと?と、思って他のスタンプを見てみると…「キリがないですね」と共に道具のキリ、「旅に出ます」と共に地下足袋のイラスト…。

そうです、駄洒落です…ッ!先にご紹介したスタンプたちには、舞台特有の用語がふんだんに使われており、まさに「実用的」なのですが、このスタンプはそういった意味ではちょっと違うのかもしれません。

しかし!「あの怖い先輩も、このスタンプでなら笑ってくれるかも?」「このスタンプがきっと、現場での気持ち良い人間関係の構築に一役買ってくれるはず!」…という筆者の勝手な期待の気持ちを込めて、敢えてむちゃくちゃプッシュさせていただきました。皆さま、ダウンロードすべしです。

作ってみた

さて、様々なスタンプを紹介して来ました。実はこのLINEのスタンプは誰でも作ることが出来ます!

ということで、作っちゃいました!!

しばおとまちこのスタンプ


値段¥120
https://store.line.me/stickershop/product/1317251/ja

しばいのまち公式スタンプ!売れない役者しばお、女演出家まちこのスタンプです!

普段の会話で使えるスタンプから、演劇人ならではの会話で使うスタンプを用意してみました。

ポイントはしばおくんが「売れない役者」だということ。小劇場演劇界ではかなり見かけることの多いタイプだと思います。
そう!このスタンプは小劇場劇団向けなのです!

「チケット売れない…」なんてそんな状況にはならないのが一番ですが、もしそうなってしまったらこのスタンプを送って相手に正直に辛い状況を伝えてみるのはいかかでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここでご紹介したスタンプ以外にも、演劇人向き(?)スタンプがまだまだ眠っているかもしれません。

演劇をやっている人誰もが思わずときめいてしまうようなスタンプを、この機会にぜひ、探してみるのはいかがでしょうか。カンパニーメンバーとの距離がぐっと縮まる、良いきっかけになるかもしれませんよ。

おすすめLINEスタンプ5選

メルマガorLINE@登録

メルマガorLINE@に登録して、ここでしか受け取れない情報を受け取ろう!