役者は経験をしなくちゃいけない!〜はじめてを捧げた役者の実話〜

再び筆をとらせていただきました。PATCH-WORKSの三國谷花です。役者を始めて間もない頃、こんな言葉を聞いたことがあります。

「役者は経験をしなくちゃいけない!」

この言葉は人生における経験という統括的に捉えるものだと思います。ただ、今回は役者の恋愛経験にクローズアップしてみたいと思います。そこで、実話をひとつ。

童貞なのにヤリチンの役

以前私が関わった現場で、童貞なのにヤリチンの役が来てしまったキャストがいました。これは決して珍しいことではないのですが、童貞君は恥ずかしくて相手役の女性にも触ることができず目も見れませんでした。これでは芝居になりません。

その時にとられた演出家(現PATCH-WORKS所属の田中星男)の対処が「ぬるぬるエステに連れていく」でした。

ぬるぬるエステ。東京では馴染みのない言葉みたいです。20分2000円で女性とぬるぬるできる場所です。水着を着た女性とぬるぬる。大阪難波にそれはありました。「はじめては好きな人と!風俗なんて!」と嫌がる童貞君を無理矢理引っ張り、演出家と童貞君は夜の町に消えていきました。

20分後、童貞君は出てこない。「あれ、何かあったかな?」

40分後、童貞君帰還。「20分延長しました!」

意気揚々と童貞君は童貞のまま帰ってきました。聞けばずっとうつ伏せのまま太ももを撫でていただけだったのだそう。しかし、次の日から稽古に変化が現れました!童貞君は相手役の目を見てしっかりと触れ合えるようになったのです。

何事も経験でございました。その後、彼が経験値を上げられたのかはわかりませんが、間違いなく彼の中の「はじめての夜」はここでした。

赤裸々になる舞台上

何故経験が必要なのか。舞台上では恋愛経験、恋愛遍歴などが赤裸々に現れてしまうからです。客観的に見てるとその役者が異性に慣れているのか、不意な仕草でどう異性に対して思っているのかが見えてしまいます。かといってプライベートで遊びすぎるのも考えものですが(笑)

ですが!遊ぶ時期もあっていいかと思います。若いうちしかできないことは沢山あります。働くのも大事ですが、役者こそプライベートを充実させることもマストだと考えます。

そういう私もたくさんの恋愛遍歴はありません。まだまだ遊び足りないので、ネタになるぐらいプライベートでもっと遊びたいと思います。

私のしてみたいこと

こんなに大した恋愛遍歴のない私ですが、いっちょ前にしてみたいことがあります。一般的な手順を踏んで恋愛をしてみたいと常々思っていました。まぁこの年になってしまったら無理なのですが(笑)

世間一般的な手順ってなんなんでしょうね。告白→ドキドキ期間→初デート→ドキドキ キスみたいなことをしてみたいのです。ディズニーランドもユニバーサル・スタジオ・ジャパンも行ったことがない私が、動物園もひとりで行く私が(笑)

色々まだまだ人生これからです!演技の引き出し、ネタを増やしますー!

次回公演

※公演終了
PATCH-WORKS ACT vol.2 正安寺悠造×PATCH-WORKS 「はじめての夜」
2016年10月5日(水)-9日(日) @南阿佐ヶ谷 ひつじ座

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ゲストの演出家を呼んでオリジナル曲&生演奏を特徴とするPATCH-WORKSが今回挑むものは、【はじめての夜】をかけた男子高校生の性春物語!ヤれるのか?!ヤれないのか?!誰が脱ぐ!脱ぐのはきみかもしれない!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「はじめての夜」予約ページへ
スクリーンショット 2016-08-30 10.51.30

三國谷 花

3歳からバイオリンを始め、音楽大学などを経由せずでも根気強く続けた結果25歳で役者になろうと踏み出した奴。2013年8月ミュージカル『ズボン船長』で初舞台。以降会話劇を中心に時間堂、無情報、vayantroupe等に出演。2015年8月にPATCH-WORKSを立ち上げ、2016年3月に旗揚げ公演を行う。PATCH-WORKSでは作曲、音楽監修、製作運営を担っている。

PATCH-WORKSとは

生演奏×コメディを主体とする劇団。劇団員がそれぞれ違う楽器をマスターすることが義務となっている変な劇団。そして役者しかいないため、公演の度に演出家を探す旅に出る。

公式Twitter:@patchwarks
公式ホームページ:http://www.patch-warks.com/

メルマガorLINE@登録

メルマガorLINE@に登録して、ここでしか受け取れない情報を受け取ろう!