バリアフリーからバリアバリューへ。劇団銅鑼公演「短編集 3つの短編を彩る」

演劇は目に見えないものを感じさせる。そこにないものをそこにあるかの様に見せる。しかし、もし相手の目が見えなかったら?耳が聞こえなかったら?あなたは演劇を使ってどのように表現を行うでしょうか?どのように伝えるでしょうか?

障がいを持つ方を対象にした演劇ワークショップや、劇団・劇場がバリアフリーの取り組みを行ったりと、障がい者にも演劇をより楽しんでもらおうという取り組みは年々増えてきてはいますが、海外に比べるとまだまだ日本ではそれほど数は多くないと言います。

来年創立45周年を迎える劇団銅鑼のアトリエ公演「短編集 3つの短編を彩る」では、障がいを取り除く「バリアフリー」から、障がい者だからこそ持つ感性や能力から価値を生み出す「バリアバリュー」という視点で「五感で楽しむ演劇創り」という新たな挑戰を、暗闇のソーシャル・エンターテイメントを提供するダイアログ・イン・ザ・ダークの協力を得て行っています。

劇団銅鑼

1972年創立。来年45周年を迎える。鈴木瑞穂・早川昭二など劇団民藝出身者を中心に発足。劇団員50名。「平和」と「人間愛」を求め、「本当に人間らしく生きるとは何か」をテーマに活動を行う。東京での劇場公演のほか全国を周る旅公演や海外公演、上板橋にあるアトリエでの公演を行う傍ら、演劇教育の一環で全国の高等学校・中学校・小学校でも上演を行っている。
http://www.gekidandora.com/

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

1988年のドイツで生まれ、世界39カ国、130都市以上で開催される暗闇のソーシャル・エンターテイメント。暗闇のエキスパートである視覚障がい者のアテンドのもと、参加者が光を遮断した暗闇の中を体験する。視覚以外の様々な感覚の可能性と心地良さに気付き、コミュニケーションの大切さや、人のあたたかかさを思い出すことが出来る。日本では1999年から開催され、これまで17万人以上が体験をしている。
http://www.dialoginthedark.com/

障がいを価値に変えるバリアバリューの取り組み

劇団銅鑼はこれまでも障がいを持っている方に合わせて、上演台本を事前に共有したり、イヤホンガイドをつけたりといった「観るための工夫」や、観劇後に感想をもらい、指摘や助言を受けて公演を改良するという取り組みを行ってきたそうです。

しかし、今回は観劇後ではなく、芝居を創る段階で暗闇のエキスパートである視覚障がいを持つ方々にアドバイスを受けながら、障がい者だからこそ持つ高い感性や能力を活かして演劇を創りあげるという挑戰をしています。

この新たな取り組みについて同劇団の制作、平野真弓さんは「今までイヤホンガイドや、点字チラシなどの取り組みをしている方々は多かったかと思いますが、今回の様に、障がいをもつ人々の感性を活かし、一緒に作りあげるという新たな形もあることを皆さんにも知って欲しいです」と話してくれました。

本公演の見所

今回は青年座の演出で、大学等でも講師を務める磯村純さんが演出を担当。岸田國士、テネシー・ウィリアムズ、小関直人の戯曲を公演します。

自然と匂いを感じたり、温度や質感を感じ取れる工夫を凝らして、通常の演劇に加えて「より五感で楽しめる公演」を作り上げているとのことです。

今回は劇団銅鑼と演劇界とは接点が無かったダイアログ・イン・ザ・ダーク視覚障がい者のアテンドが協力をして企画を作成しています。演劇の垣根を超えた今回のコラボーレーション公演は、演劇の新たな可能性をきっと感じ取れる公演となるでしょう。

公演情報

※すでに公演終了
劇団銅鑼 dramafactory Vol.10
「短編集 3つの短編を彩る」
会場:銅鑼アトリエ(上板橋駅 徒歩10分)
公演期間:2016年8月25日(木)〜29日(月)
詳細は→コチラ

次回記事予告

障がいを持つ方と共に公演を創りあげる今回の企画を振り返って、感じたことや今後の演劇に活かせることなどを劇団銅鑼の制作、平野真弓さんが記事を書いてくださいます。乞うご期待下さい。

メルマガorLINE@登録

メルマガorLINE@に登録して、ここでしか受け取れない情報を受け取ろう!