どうやったらアトリエを持てるの?劇団だるま座代表、剣持直明氏に聞いてみた!

好きな時に稽古が出来て、好きな時に公演を打てる。そんな夢のような場所、アトリエ。

劇団の主宰なら、その響きに誰もが憧れを抱くのではないでしょうか。
しかし「どうやったらアトリエって持てるの?」と思っている方も少なくないはず。

そこで今回は今年で20周年を迎え、アトリエを15年間運営している、劇団だるま座の代表である、剣持直明さんにお話しを伺ってきました!

だるま座・剣持直明さんとは?

劇団だるま座

1996年8月、代表の剣持直明さんを中心に「劇団ファールチップ」という劇団名で旗揚げをする。2001年に自分達の公演スペース兼稽古場として杉並区荻窪に「アトリエだるま座」をオープン。
2005年に現在の「劇団だるま座」に改名。2016年で活動20周年を迎える。

劇団だるま座

剣持 直明

1963年、栃木県生まれ。俳優。劇団 だるま座・有限会社だるま企画の代表を務める。俳優活動だけでなく、演出家としても活動している。

詳細プロフィール

アトリエが出来るまで

まずはどうやってアトリエだるま座が出来ていったのか。どうやったらアトリエを作る事が出来るのか聞いてみました!

とにかく地獄のサイクルを抜け出したかった

ーアトリエを持とうとしたキッカケみたいなものはあったんですか?

剣持直明
元々、アトリエを持つ前は普通に小屋を借りて、年2回くらい公演をしてました。稽古場も公民館とかでした。
その頃は、公演がない時はとにかくアルバイトをして、お金を貯めて公演を打って。それの繰り返しでした。
それでも、どんなに満席にしてもスタッフの人件費や舞台美術費、小屋代などで全部なくなっちゃうんですよ。
「なんて地獄のサイクルなんだ」と思っていましたね。
ー「地獄のサイクル」とは、確かにそうですね。
剣持直明
そんなことを続けてると、次第に辞めていく劇団員が増えていったんです。僕にはそれを止めることも、助けてあげることも出来なかった。それがとても情けなくて、悔しかったんです。
ーそれがキッカケとなってアトリエ立ち上げに至るわけですね。
剣持直明
はい。当時借りていた劇場の1日の使用料が約20万円。調べてみると、アトリエは月20万くらいで借りることが出来る。同じ金額で、1日使うだけなのか、それとも1ヶ月使うのか。どちらが良いかは一目瞭然でした。
それに、アトリエの貸し出しなどで外部の方が使ってくれれば、それで収益が出るし、「劇団員にもお金を払ったり出来るんじゃないか」って思って、アトリエの立ち上げを決意したんです。

続けられることの恐ろしさ

剣持直明
正直言って、別にアトリエを立ち上げなくても演劇を続けることは出来たんですよ。
演劇って、バイトして、お金貯めてを繰り返して、つまり地獄のサイクルを続けていれば、一応は続けることは出来るじゃないですか。

僕は、それが何より恐ろしかったんです。「続けることは出来るけど、このままじゃ自分は何もしないで終わってしまう」
それがすごく怖くて、嫌で、どうにかしたかったんです。

ーなるほど。やはり行動力がないと地獄のサイクルは抜け出せないのですね。

とにかく分からない事ばかりだった

ーですが、アトリエ立ち上げと言っても具体的にはどうやったら良いのかイメージが付かないんですが…

剣持直明
僕もそうでしたよ。いざ、「やろう!」となっても分からない事ばかりでした。そこでとにかく色んな知り合いに声を掛けて、力を借りたんです。

物件探しは親戚の不動産屋さんに、工事もその不動産屋さんに出入りしている、大工さんに頼みました。
それと今の物件を決める時に、照明さんとか専門の技術スタッフにも一緒に下見をしてもらって、ここで公演が出来るかどうか聞いたりもしました。

とにかく何も分からなかったんです。それでも「やるしかない」と思っていたんで、分からないことはとにかく色んな人に聞いて回ってました。

有限会社だるま企画 設立

ー現在、会社として運営を行っているようですが、なぜ会社の設立に至ったのですか?

剣持直明
立ち上げることを友人に相談したら、「絶対に会社にした方が良い。仮に何かあって倒産することになっても、会社にしておけばお前だけが全てを背負わなくて済むから」とアドバイスをいただいたんです。
そんなこと自分だけじゃ分からないことだったし、考えもしませんでした。そうしてアトリエの立ち上げと同時に会社も立ち上げたんです。

自分だけで考えていたら分からないことばかりでした。色んな人に助けられて、色んな人のお陰でアトリエを立ち上げることが出来たんです。

アトリエが出来てから

「どうにかしたい」と言う思いがキッカケで立ち上がった、アトリエだるま座と有限会社だるま企画。どのようなことに取り組んだのか。そして剣持さんが学んだことは何なのか聞いてみました。

専門学校への会社説明会

ー実際にアトリエと同時に劇団の運営が会社へと変わったわけですが、何か会社だったからこそ出来た取り組みなどありましたか?

剣持直明
専門学校へ、会社説明会に行ったりしていました。
それはだるま座が劇団から会社になったからこそ出来たことかな。

それの効果もあって、一番多い時は、所属が100人くらいはいましたよ。

所属俳優100人は恐ろしい!

ー100人!?そんなに所属俳優を抱えるなんて、一体どんな気持ちなんですか?

剣持直明
恐ろしかったですね。こっちとしてはもっとみんなを出してげたいと思うけど、それって簡単なことじゃない。俳優なんて仕事は早々に結果の出るもんじゃないですからね。
ーそうですよね。僕なら責任感に押しつぶされてしまいそうです…
剣持直明
そう言えば、以前うちの俳優が現場で取り返しのつかないミスをしてしまったことがあったんです。ミスはミスで悪いことだけど、やってしまったことはしょうがないんですよ。

それよりも、その後確認をしようと思ってその俳優に電話をかけたんですけど、繋がらないんですよ。
そうなるともうこっちは「死んだんじゃないか」とか考えちゃって、もう気が気じゃなくなっちゃったりするんですよ。

大事なことは伝えること

ーアトリエが出来て、会社になって、100人の所属がいて。様々な経験から、剣持さんが学んだことはなんだったのでしょうか?

剣持直明
「劇団員にちゃんと伝えることが大事」ってことですかね。

僕は劇団が会社になった時に「しっかりせにゃいかん」と思いました。でも、それで失敗したんです。
当時、劇団員からは団費として月1万円をもらっていました。それと自分の貯金を切り崩して運営をしていたんです。
それまでマネジメントなんてしたことなかったので、とにかく分からないなりに必死に営業をしました。
でも、仕事はなかなか取れないし、レンタルも全然来なかったんです。

それまでは、みんな貧しくも仲良く協力していたのに、会社になってお金が大きくなった途端状況は変わってしまったんです。
仲間が僕に対して疑心暗鬼になってしまったんですよ。「こいつ、俺たちの金で食ってんじゃないか」みたいな。

もちろん弁解をしました。帳簿とかも全て開示して、どれだけお金が掛かるのか全て話したんです。
けれど「それもどうせ嘘だろ」みたいに言われてしまって、全く聞く耳を持ってくれませんでした。

ーなぜ、そこまでしても理解してもらう事が出来なかったのでしょうか?
剣持直明
たぶん演劇人には会社を運営するみたいなビジネスの考えがほとんどないんです。僕がそうだったように、会社を運営するのに一体どれくらいのお金がかかるのかなんて全く検討がつかないですし、分からないんですよ。

だから、もしも初めから全てを開示していたら違ったのかも。僕は自分の悩みを伝えるのが格好悪いと思っていたんです。でもそれが全て裏目に出てしまったんですね。

仲間に助けられてきた

僕には想像のつかないような様々な経験をされて来た、剣持さん。最後に剣持さんに、この20年の思い出に聞いてみました。

剣持直明
色々あったけどなー。あっ、うちのアトリエ一度水没したことがあるんですよ。しかも立ち上げの時にした借金を頑張って返し続けて、そろそろ返し終わるという頃でした。修繕費でまた借金をすることになってしまったんですよ。

でも、その頃「みるくブラザース」さんの作品に出演してまして、カーテンコールで「この人のスタジオ水没したんですよ」なんて言ってお客さんに呼びかけてくれたんです。そしてグッズ販売の売り上げを見舞金としてくれたんです。

他にもシアターミラクルのオーナーさんにもお世話になりました。
実はうちの劇団の公演をアトリエでするはずだったんです。けど、そんなことがあって出来なくなってしまったのを聞いて、タダで劇場を貸してくれたんです。

立ち上げの時もそうでしたが、本当にたくさんの人に助けられて、支えられながらやって来れたと思います。

ー剣持さんの周りには、本当にたくさんの仲間がいるんですね。この度は、お時間をいただき、どうもありがとうございました。

まとめ

「どうにかしなくちゃ!」と言う強い想いと、それを実行に移す行動力の2つを持っていた剣持さん。
そしてそんな剣持さんを支えてくれる仲間がいたからこそ、出来た事なのでしょう。

これを読んでいる、アトリエを持ちたいと思っている、劇団の主催さん。
まずはその想いを劇団員に話してみてはいかがでしょうか。

だるま座20周年記念公演

今回インタビューさせて頂いただるま座の20周年記念公演があります。
剣持さんもご出演されているそうです。
※公演終了
「愛しきはー馬鹿ーとその隣人ー」
◼︎日時:2016年9月9日〜14日
◼︎会場:TACCS1179(下落合)
詳細・予約はコチラ→http://www.daruma-za.net/kanashikiha.html


第二回しばいのまちオフ会開催!



10/28(土)13:00〜開催!