やめたらどーなる、演劇人!?~元舞台制作女子に聞いてみた~

やめたいと思っても、なかなかやめる踏ん切りを付けられないのが演劇。

かく言う僕も、何度も「やめようかな」と思いました。それでも今までやって来たことを急にやめるのは怖いし、そもそもやめてからどうなるのか、何したら良いか分からなくて不安でやめられない。

そこで「分からないことは聞いてみよう!」と思い、実際に舞台や演劇の世界から離れていった人にインタビューをして来ました!

イベント関連勤務:内藤夏海さん(25)

今回は、役者ではなくて制作として舞台に関わっていた内藤さんにお話を伺って来ました。

大学入学後から演劇に携わる様になり、卒業後は演劇の制作を担当する部署のある会社に入社。2年弱程勤務し、転職。転職後は多種多様な企画やイベントの企画や運営に携わることのできる会社に勤務。

笑顔が素敵で、言いたいことははっきりと言う。まさにバリバリのキャリアウーマンという雰囲気の内藤さん。実は筆者が大学時代に彼女のプロデュースの公演に出演した頃からの付き合いのある友人でもあります。

自分の好きなことをやるために演劇を離れてみた

ー演劇を離れた理由はなんだったの?
内藤さん(以下敬称略):前職は、本当に自分の全てを投資しなければついていけない仕事だった。勉強に取り組んだり、友達と何かをするといったプライベートが本当になかった。それに演劇ってすごく専門分野的過ぎて、この世界しか知らないっていうのも危機感もあった。

普通の仕事とは違って、本当に自分の全てが仕事になってしまっていて、でも私にはまだまだやってみたい事がいっぱいあった。変わることを考えるのなら20代前半の今のうちだと思い、辞めることを決めたんだよね。仕事に関しては、自分で納得できるところまで、しっかりとやって前向きな退社を選びました。

ーなっちゃんは学生時代から仕事できたもんね
内藤:そんなことはないよ。学生のときのプロデュースした公演から赤字にはしたくない執念みたいなものがあったかも(笑)

転職先を決めた理由

ーなぜ今の仕事に決めたの?
内藤さん:今までの経験を生かして出来る仕事として考えたのと、やっぱり演劇とかの「なまもの」が好きだからかな。それにちゃんと時間を作って、自分自身のオンとオフがしっかり分けられる仕事だったってのが決め手かな。あとはなんとなく。雰囲気!(笑)

ーじゃあ今は自分のやりたいことに時間を使えているんだ
内藤さん:オフがあるからこそ今は好きなこと、やりたかったことも出来てる。例えば英語の勉強がしたいなと今は思っていて、日本に来る外国人のガイドや情報提供ができないかなと友達と企画をしたりしていて、充実しているかな。

「楽しい」=「楽」じゃない

ー辞めようか悩んでる演劇人に伝えたいことは?
内藤:うーん。伝えたいことというか、気をつけた方が良いなと思っているのは、学生時代から演劇を見てきて、「楽しい」=「楽」とを切り分けるのに難航している人が多い様に思う。

もっと言えば、具体的な行動を起こす前に悩んでいる人が多い。有名な役者になりたいと口では言いながらやれることをやれていない。本気なら8時間寝て、8時間働いて、残りの8時間はなににだって使えるような気はするの。寝る時間を削ればさらに時間も増えると思うし。

ーうん。確かにそうかもしれないね
内藤:また、何をしていいか分からないと悩んでいるのであれば、まずは「なんでもやる」のも良いよね。そこから、色々な事を見付けていけばいいと思う。私もそんな感じで生きているのかも。

例えば、一度社会人をやってみるとか。それもキッカケになって、何か見つけられるかもしれないし。とにかく、何かをすれば何かが変わってくると思うんだ。私もこれから自分の何かを見つけられたらいいなと思います。

まとめ

この他にもたくさんの話しをしてくれた彼女。まだまだやりたいことがいっぱいある様です。行動力のある彼女は、きっとこれからも色々と挑戦するのでしょう。特にこれからやっていきたいことに関しては楽しそうに語ってくれました。

正直、彼女の話は僕にとって耳の痛いものでした。ですが、同時に自分と彼女の違いは何なのか。それが行動力であると気付きました。
やりたいことを実現するための行動力、演劇をやめようと悩んでいる人に一番足りてないものはそれなのかもしれません。

自分にとって楽しい事を全力でやれる環境。それを見付け、そして作り上げていくのは自分の努力なんですね。

メルマガorLINE@登録

メルマガorLINE@に登録して、ここでしか受け取れない情報を受け取ろう!