舞台役者がネット配信をやるってどうなの?実際に活用して感じたこと

ツイキャス、SHOWROOMなど身近になりつつあるネット配信。舞台役者でやっている人も増えてきていますが、まだまだ数は少ない様です。「舞台役者がネット配信やるって、実際どうなの?」と思っている方も多いでしょう。

1年ほど前から筆者もツイキャス、SHOWROOMの両方の取り組みを始めました。

今回は自分の体験談や周りの経験者の方の話を参考にし、ネット配信をやろうかどうしようか迷っている方に向けて、ネット配信の特徴やメリット、活用法を紹介していきたいと思います。

ネット配信は手軽に始められる

ネット配信は手軽に始めることが出来ます。カメラの付いているPCとネット環境があればすぐに開始できますし、スマホ一台でもアプリをダウンロードするだけですぐに始めることが出来ます。

感覚は路上ライブに似ている

ネット配信をするのがどんな感覚がイメージが湧かない人もいるかと思います。夜の商店街や駅前などで、路上ライブをしているミュージシャンがを見かけますよね?知らない大勢の人の前で、自分という存在を発信する路上ライブとネット配信感覚はとても似ていると思います。

路上で彼らが地道にファンを増やすように、ネットで配信をする事によって新しい出会いが増えていきます。

ツイキャス・SHOWROOMの特徴

ここで、ツイキャス・SHOWROOMの特徴を比較してみましょう。

ツイキャス

登録

・Twitterのアカウントがあれば面倒な登録は不要。
・ツイキャス配信用アプリをダウンロードすればスマホでも配信可能。

使い勝手

・コメントの表示が分かりやすいので、見ている人と比較的会話がしっかりできる。
・Twitterで既につながってる人が見る確率が高いので、繋がりをより濃くできる。

配信

一枠30分の制限あり(コイン投下で30分ごとに延長可能)

SHOWROOM

登録

・アプリをダウンロード後、ユーザー登録が必要

使い勝手

・配信中にアバターが表示されて誰が今見ているのかが分かりやすい
・SHOWROOM内で様々ジャンルなイベントが開催されているので、活動の幅も広げやすい
・閲覧者の入れ替わりが激しい。その分、自分の事を知らない人が見てくれる確率も高まる

配信

配信時間は基本的に無制限(イベントに参加すると制限がある場合が多い)

それぞれに特徴を持ち、良さや使い勝手、利用しているユーザ層も違うので自分にあったものを始めるようにしましょう。
どちらも登録や設定は簡単なのでまずはどちらかを試しに初めてみることをオススメします。

ゴールデンタイムは夕食後〜就寝前

ちなみに、テレビ業界でいわれているゴールデンタイムと、ネット配信のゴールデンタイムは少し違う様に感じます。

テレビでは夕食の時間を指しますが、ネット配信では夕飯後~就寝前(具体的には20時〜24時くらい)がゴールデンタイムで、この時間だと比較的多くの方が観に来てくれます。

ネット配信のメリット

配信をする事でどういったメリットが得られるか、いまひとつイメージが湧かないという方も多いかと思います。

ここからは私が実際にネット配信を行ってきて、感じた事を書いていきたいと思います。

普段出会えない人達へ広報・宣伝が出来る

舞台をやっているとお客様と会えるのは劇場だけになってしまうことが多いです。「今日のお客さんは役者の友達ばっかりだ」なんていう日も少なくないと思います。

舞台は身内への為の公演ではなく色々な人に観てもらいたいものですよね。より多くの方に劇場へ足を運んでいただくためには稽古以外の時間の広報・宣伝活動が大切です。ネット配信であれば知らない人や遠方の人へも広報・宣伝が行えます。

生の声を届けられる

また、なんと言ってもネット配信では作品の魅力や意気込みなどをリアルタイムに「生の声」で届けられる事が最大の強みだと感じています。

実際にお客さんも増える

私も「ネット配信をキッカケに劇場に足を運びました」という方と、終演後の面会で「はじめまして」とご挨拶する事が増えました。ありがたいことに、そういった方々はその後の公演にも足を運んで下さっています。

ネット配信で繋がった方々の応援が励みになる

これは継続した上での事になりますが、稽古で上手くいかない。どうにか乗り越えなくてはならない。そんな時に先輩や仲間に相談する事も大事ですが、ネット上で応援してくれている皆さんの声は何よりも支えになり、励みになります。

人に伝える勉強になる

ただ何となく配信をすることも出来ますが、「どんな配信をすれば人に伝わるか」ということをしっかりと頭を使って行うことで、「人に伝える」ということを学ぶことが出来ます。ネット配信を通じて学んだことは、稽古場や実際の舞台上でのコミュニケーションにも活かせています。

気軽な気持ちで始めましょう

新しいつながりを作る為に始める事はオススメですが、
「お客さん増やさなきゃ!」「一気に有名になるぞ!」と意気込んでしまうと逆に効果が出にくいものでもあります。

最初はなんとなく、肩ひじ張らずに、無理のない範囲でまずはやってみましょう。新しい世界が見えるかもしれませんよ。

メルマガorLINE@登録

メルマガorLINE@に登録して、ここでしか受け取れない情報を受け取ろう!