特別企画

「新年会でアマヤドリ@下北沢をやってみて」アマヤドリ:小角まや〜アマヤドリ15周年公演「銀髪」特別企画〜

こんにちは!アマヤドリの小角まやです。 かれこれ7年くらい劇団員として活動しています。 2017年1月26日から本多劇場初進出の公演『銀髪』の上演を控えたアマヤドリですが、公演を盛り上げる一貫として、お客様を招いた新年会…

コラム

小劇場の制作、ここおかしくない!?制作が抱える問題たちを今語ろう〜私がチケットを売るためにしていること編〜

ごきげんよう。(旅公演の山梨帰りなので「花子とアン」っぽくはじめてみました) 前回「チケット売るのは制作の仕事とは限らない」と言い切ってしまいましたが、チケットを売ることとお客さんを動員するということもイコールじゃないで…

特別企画

「 アマヤドリ劇団員による地道な宣伝活動の裏側」アマヤドリ:石本政晶〜アマヤドリ15周年公演「銀髪」特別企画〜

はじめまして、こんにちは! アマヤドリ劇団員(俳優部)で、主にウェブ周りを担当している石本政晶です。 これまでに主宰・広田淳一による連載コラムをお送りして参りましたが、ここでひとつ趣向を変えて、普段アマヤドリが行っている…

特別企画

「劇団を続けるために必要なこととは?」アマヤドリ主宰:広田淳一〜アマヤドリ15周年公演「銀髪」特別企画〜

これまで二回に渡って劇団とは何か、劇団が創作に対して持つ効果とは何か、について述べてきた。いわばここまでの15年間、僕がなぜ劇団を続けてきたのかという動機について書いてきたわけだ。 今回からは、これからの15年をどうやっ…

コラム

「売れる」の障壁は「おもしろさ」でも「営業力」のなさでも無い、ほとんどが「自信」と「覚悟」のなさだと思う。

初めまして、私、深夜ガタンゴトンの裕本恭と申します。花まる学習会王子小劇場の職員でもありますが、今回は私が個人として思うことをお話しさせて頂こうと思います。 表題が何だかビジネス本のタイトルみたいですね。 ビジネス本のタ…